カラーコンタクトレンズ「エマーブル」、東京10大学516名の女子大生のカラーコンタクト意識調査、カラコンの4大用途はデート・イベント・メイクに合わせて・女子会/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. カラーコンタクトレンズ「エマーブル」、東京10大学516名の女子大生のカラーコンタクト意識調査、カラコンの4大用途はデート・イベント・メイクに合わせて・女子会

カラーコンタクトレンズ「エマーブル」、東京10大学516名の女子大生のカラーコンタクト意識調査、カラコンの4大用途はデート・イベント・メイクに合わせて・女子会

2018年04月17日 10時25分配信  マイライフニュース

 カラーコンタクトレンズ「エマーブル」を販売しているロート製薬は、リアルな東京の今を取材・コンテンツ展開しているグラフィティと共同で、東京10大学に通う女子大生約500名を対象にカラーコンタクトレンズ着用の意識調査を実施した。今回の意識調査では、カラーコンタクトの普段の使用頻度や、どの様なシーンや場所で使用し、考えているのか等の調査結果から、“東京10大学の女子大生の傾向”をカラーコンタクトの切り口から紐解いていくという、100年以上も日本人の目の健康を考えてきたロート製薬ならではのユニークな調査となった。その結果、各大学に通う女子大生の個性が反映された内容を垣間見ることができた。

 各大学の傾向を見てみよう。青山学院大学は、カラコンにも「かわいい」よりも「きれい」、「庶民派」より「お嬢派」の支持が、他校に比べ高い結果になった。ファッションにも似たような傾向が出ているのではないかと思われる。学習院大学は、8割以上が無難なカラコンを支持するなど、隠れカラコン支持者が多いことがわかった。一方で、カラコンデビューが中学生だった割合が他校と比べて高いという意外な結果も明らかとなった。

 慶應義塾大学は、カラコンを毎日使う人が3割と他校に比べて高い割合を示した。カラコンをつけることで「頼れる感じ」「できる感じ」に見られたいとの回答が多く、デキる女のマストアイテムとして使用されていることがわかった。上智大学は、カラコンをつけることで74.5%が女子ウケを求めていることがわかった。一方、男ウケを求める人は10校の中で最下位の25.5%と最下位だった。上智女子は、女子ウケが命で、友達からの共感を求めるタイプが多い傾向であると思われる。


アクセスランキング

トレンド・新製品の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ