毎朝5分でできる!体幹を鍛えるピラティス4つ【理学療法士が教える】/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 毎朝5分でできる!体幹を鍛えるピラティス4つ【理学療法士が教える】

毎朝5分でできる!体幹を鍛えるピラティス4つ【理学療法士が教える】

2018年04月16日 21時15分配信  ウートピ

続いてピラティスの特徴と呼吸法について、次のように解説を加えます。

「ピラティスはバレリーナがしなやかな筋肉をつくるために用いたエクササイズであり、リハビリの場面でも多用されています。自分の体重を利用したトレーニングですので、誰でもすぐにスタートできるでしょう。

ピラティスでは呼吸が重要です。鼻から息を吸って、次に口をすぼめて細く長く吐く腹式呼吸をしながら行います。ポーズに集中して呼吸が浅くならないように、動きはゆっくり、呼吸は深くを心がけましょう。

また、おしりを常に閉めるようにしましょう。先にお伝えしたように、女性は『骨盤底筋』の強化になることが知られています」

では、具体的な動きをレクチャーしてもらいましょう。

(1)テーブルトップ

簡単なポーズなので呼吸を意識する動きとして最適です。足を上げるときに腹筋の前側にある腹直筋(ふくちょくきん)を使います。呼吸でインナーマッスルが刺激され、足を下ろすときに腰が反らないようにすることで体幹を安定させる筋肉が鍛えられます。

DSC_1071s

あお向けに寝て膝(ひざ)を90度に曲げて立て、鼻から息を吸い、口から息を吐きます。

DSC_1074s

次に、股関節と膝関節は90度に保ったまま、鼻から息を吸いながら足を持ち上げます。5秒ほどキープしてから、口から息を吐きながら足をゆっくりと床に降ろします。腰が反らないように行いましょう。ひと呼吸し、3〜5回をくり返しましょう。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.