新生活のストレス対策に!体内時計を乱さない朝の習慣3つ/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. ヘルスケア
  5. 新生活のストレス対策に!体内時計を乱さない朝の習慣3つ

新生活のストレス対策に!体内時計を乱さない朝の習慣3つ

2018年04月16日 20時00分配信  LBR(Life & Beauty Report)

新生活のストレス対策に!体内時計を乱さない朝の習慣3つの画像:キレイスタイルニュース

年度がかわり、新生活が始まった方も多いのではないでしょうか。新しい環境は、楽しさもありますが、同時に緊張によるストレスから疲れもたまりやすい季節です。

とくに、生活の時間帯が変わった方は要注意。体内時計が乱れると、質のいい睡眠がとれず疲れが溜まってしまいます。体内時計を調える朝習慣を3つご紹介します。

体内時計を調える朝習慣3つ

(1)起きたらすぐにカーテンを開ける

私たちの身体に備わっている体内時計は、24時間ちょうどで動いていないため、朝にリセットすることで一日のリズムを調えることができます。

体内時計には、脳の視交叉上核というところにある「親時計」と、それぞれの臓器にある「子時計」があります。

親時計のリセットとなるのが「朝陽」です。

目から朝陽の刺激が入ることで親時計がリセットされますから、起きたら、まっさきにカーテンを開けて朝陽を浴びましょう。時間のある方は、ストレッチなど軽く身体を動かすことで、さらに目覚めがよくなります。

(2)朝食を摂る

子時計のリセットとなるのが「朝食」です。

朝食は、英語でBreakfast=Break(破る)Fast(断食)、つまり夕食からの断食を破って食べる食事です。この断食を破って食べることが、身体に朝が来たことを知らせる合図となります。

Life & Beauty Report(LBR) 2018


アクセスランキング

ヘルスケアの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ