産学官による連携を目指すサイバーセキュリティ「Jupiterプロジェクト」、事業構想や今後の展開を説明、仮想通貨とそのセキュリティ上の問題点やプロジェクトの安全性についても言及/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. 産学官による連携を目指すサイバーセキュリティ「Jupiterプロジェクト」、事業構想や今後の展開を説明、仮想通貨とそのセキュリティ上の問題点やプロジェクトの安全性についても言及

産学官による連携を目指すサイバーセキュリティ「Jupiterプロジェクト」、事業構想や今後の展開を説明、仮想通貨とそのセキュリティ上の問題点やプロジェクトの安全性についても言及

2018年04月12日 20時58分配信  マイライフニュース

 昨今、企業や政府機関の情報漏えい問題が話題となっており、企業や政府機関はセキュリティに関して膨大なコストを支払っている。情報漏えいの90%近くがヒューマンエラーといわれており、ブロックチェーン技術を用い、あらゆる分野において情報漏えいを防ぐプロジェクトとして「Jupiterプロジェクト(以下、ジュピタープロジェクト)」が発足。ジュピタープロジェクトでは、独自の技術や防衛に対する独自の構想によって、世界のあらゆる分野を安全に保持できるようにサポートしていくのだという。このジュピタープロジェクトの事業構想や今後の展開について説明する発表会が4月12日に行われた。発表会では、仮想通貨流出事件の被害者も登壇し、仮想通貨とそのセキュリティ上の問題点、ジュピタープロジェクトの安全性をテーマにした議論も行われた。

 「近年では、サイバー戦争やハッキング、乗っ取りやデータ破壊など、コンピュータのセキュリティへの脅威に対する情報交換の世界大会も行われており、会場には世界から1万人が集う」と、ジュピタープロジェクトの松田学プロジェクトリーダーが、サイバーセキュリティの注目度の高さをまず指摘する。「IoT時代において、必要なのは、社会システムとしてサイバーセキュリティを捉える発想で、なりすましに対する法執行やZero day、多様化する脅威について官民が連携したり、教育など草の根的な動きも重要になってくる」と、サイバーセキュリティについて取り組むためには、これまでの既成概念を取り除き、社会全体で向き合う必要があるのだと説く。「たとえば、海外では日本では犯罪者としてとらえられているハッカーが集まり、様々な講演やハッカーコンテストなどのハッキング技能の競技、情報交換などを行う場も存在。世界中から4万人が集まってくる」と、サイバー攻撃の観点から防御を学んでいこうという発想から、ハッカーたちが集まる場が設けられているのだと紹介する。


アクセスランキング

トレンド・新製品の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ