もう恋愛はこりごり? 窪美澄さんに聞く「誰かを愛したい欲」の育て方/恋愛・結婚 [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 恋愛・結婚
  4. もう恋愛はこりごり? 窪美澄さんに聞く「誰かを愛したい欲」の育て方

もう恋愛はこりごり? 窪美澄さんに聞く「誰かを愛したい欲」の育て方

2018年04月06日 20時45分配信  ウートピ

2009年に「ミクマリ」で女による女のためのR-18文学賞の大賞を受賞して以降、女性の性や出産、不妊などをテーマに作品を書き続けてきた窪美澄(くぼ・みすみ)さん。最新刊となる『じっと手を見る』(幻冬舎)が4月5日に発売されました。

インタビュー後編は、過去の恋愛を肯定するコツや、官能的でありながら共感できるセックスシーンについて聞きました。

<前編は…>人を好きになることって? ダメな恋をした自分を許す方法

2-3SYAA2365

どんな人でも、出会って損はない

??前回、「ダメと思っても、好きという気持ちの方が勝ってしまう」というお話がありました。今作の『じっと手を見る』に限らず、窪さんの小説を読むと、ダメな恋でも肯定できるような気がしてきます。人を好きになった経験を通じて、自分を顧みてみると、恋って味わい深いというか……。

窪美澄さん(以下、窪):ありがとうございます。ひとつの恋愛が終わったからって、その出来事を全否定する必要は全くないと思います。ダメな恋愛でも、何かしら自分の肥やしになっていると思うんですよね。

「こんなに人のことを愛せるんだ」とか「モラルを飛び越えて好きになれるんだ」とか、肯定すればいいんですよ。外から見たらダメな相手でも、もしかしたら、人には見せない素敵な部分を、自分には見せてくれたのかもしれないじゃないですか。だから、どんな人でも、出会って損ということはないですよね。


アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ