おしりがかゆいのはなぜ? 大腸肛門病専門女医に聞く、温水洗浄便座の正しい使い方/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. おしりがかゆいのはなぜ? 大腸肛門病専門女医に聞く、温水洗浄便座の正しい使い方

おしりがかゆいのはなぜ? 大腸肛門病専門女医に聞く、温水洗浄便座の正しい使い方

2018年04月03日 21時45分配信  ウートピ

外国からの観光客が驚く日本の設備の一つに、温水洗浄便座の普及があると言います。ホテルや旅館、ショッピング施設やレストランなどはもちろん、駅や学校、公衆トイレでも普及が進んでいます。

しかしながら、「使用が過剰になると、肛門周辺の皮膚の炎症の原因になる、ヒリヒリした痛みやかゆみが生じる、また、痔の場合は悪化することもあります」と話すのは、大腸肛門病専門医・指導医で大阪肛門科診療所(大阪市中央区)の佐々木みのり副院長。

清潔を保ちたいという思いで使っている人は多いようですが、いったいどういうことなのでしょうか。詳しく聞いてみました。

大腸肛門病専門医・指導医で大阪肛門科診療所の佐々木みのり副院長

大腸肛門病専門医・指導医で大阪肛門科診療所の佐々木みのり副院長

温水洗浄をしすぎると皮膚のバリアーを損ねる

「肛門周囲のかゆみ、痛みを訴える若い女性は多い」と話す佐々木医師は、温水洗浄便座による皮膚への影響について、次のように説明をします。

「皮膚には、炎症などのダメージを防ぐバリアーと言える皮脂や常在菌が存在しています。肛門は便の通り道ですから、ほかの部位以上にそれらが存在する場所です。同時に、肛門周辺の皮膚は眼の周囲同様に、薄くデリケートでもあります。

そこに強い水流で、10秒以上の長い時間洗浄をする、頻繁に使うなどすると、皮膚にとって善玉である常在菌や皮脂を洗い流すことになり、皮膚が乾燥して免疫の力も低下します。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.