「闇」を演じる難しさ。『曇天に笑う』桐山漣インタビュー/エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. エンタメ総合
  5. 「闇」を演じる難しさ。『曇天に笑う』桐山漣インタビュー

「闇」を演じる難しさ。『曇天に笑う』桐山漣インタビュー

2018年03月19日 17時10分配信  マイナビウーマン

「闇」を演じる難しさ。『曇天に笑う』桐山漣インタビューの画像:キレイスタイルニュース 「闇」を演じる難しさ。『曇天に笑う』桐山漣インタビュー
3月21日公開の映画『曇天に笑う』で、福士蒼汰演じる曇天火(くもうてんか)に助けられ、曇家の居候となる金城白子(きんじょうしらす)役を演じる桐山漣。両親のいない曇三兄弟の母親代わりともなる、やさしげで、でもどこか謎めいた白子役を演じた彼は、イメージ通りの柔らかさを持った人だった。



難しい役柄を、ときに悩みながらも「存分にやらせてもらえた」と話す桐山さん。今回の作品について、また演じる彼自身について聞いてみると、穏やかな表情でひとつひとつ丁寧に答えてくれた。

白子が抱える「闇」の部分は、ずっと根っこに持っておきたかった

――まずは、今作の出演が決まったときの心境をお聞かせください。

出演が決まりそうだということを聞いたのが一昨年の春頃で、原作(漫画)があると聞いたので、まずは原作を読みました。本決まりになったときは単純に嬉しかったですね。白子はこの物語のキーマンというか、流れを大きく変える人物。曇三兄弟にとってもすごく大きな存在なので、大役をいただいたなと思いました。



――白子は感情の見せ方が難しそうな役ですよね。役作りで苦労した点はありますか?

物語の鍵を握っているぶん、感情をどこまで出していいのかは悩みました。「ここまでは感情を見せてもいいけど、ここから先は見せられない」という境界線があるので、そこは監督と密にコンタクトを取りながら演じました。白子は、三兄弟にとって本当の家族のように身のまわりの世話をするお母さん的な存在で。でもどこか影があるというか、彼が持っている闇の部分は役作りをする上で根っこに持っておかないと、と思っていました。

このニュースに関連するイケメン・タレント: 中山優馬 その他のイケメン・タレント一覧

アクセスランキング

エンタメ総合の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.