最新作『リメンバー・ミー』は全てが素晴らしいピクサー映画史上の最高傑作の予感 / 主題歌はとっても重要な意味が…【最新シネマ批評】/エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. エンタメ総合
  5. 最新作『リメンバー・ミー』は全てが素晴らしいピクサー映画史上の最高傑作の予感

最新作『リメンバー・ミー』は全てが素晴らしいピクサー映画史上の最高傑作の予感 / 主題歌はとっても重要な意味が…【最新シネマ批評】

2018年03月17日 12時45分配信  Pouch[ポーチ]

最新作『リメンバー・ミー』は全てが素晴らしいピクサー映画史上の最高傑作の予感 / 主題歌はとっても重要な意味が…【最新シネマ批評】の画像:キレイスタイルニュース



【最新公開シネマ批評】

映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。


今回ピックアップするのは、第90回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞したディズニー/ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』(2018年3月16日公開)です。


本作の監督は『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ。『トイ・ストーリー』シリーズの中でも最高傑作と言われる『3』の監督が手掛けた新作ですよ! これは期待が高まるでしょう。さっそく物語からご紹介していきます。


【物語】

舞台はメキシコ。音楽好きの少年ミゲルでしたが、家では絶対に音楽禁止! だからミゲルはこっそり音楽を楽しんできましたが、見つかると家族にものすごい勢いで怒られてしまうのです……。


亡くなった先祖の魂を迎える「死者の日」。音楽のことで家族と衝突したミゲルは、憧れのミュージシャン、エルネスト・デラクルスが祀られている場所へ行き、そこに飾られていたデラクルスのギターを手にします。


するとなんと、一瞬のうちにミゲルは「死者の国」へ! そこから祖先と家族を繋ぐ、ミゲルの冒険が始まるのです。


【ピクサー映画史上の最高傑作かも!】

『リメンバー・ミー』は、見る前から各映画賞レースを席巻していたので、私はかなりハードルを上げて見たのですが、そのハードルを大きく上回る大感動!

このニュースに関連するイケメン・タレント: 藤木直人 藤木直人 その他のイケメン・タレント一覧

アクセスランキング

エンタメ総合の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.