「ここさけ」「あの花」の岡田麿里、初監督映画「さよ朝」が泣けてしかたない理由/エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. 「ここさけ」「あの花」の岡田麿里、初監督映画「さよ朝」が泣けてしかたない理由

「ここさけ」「あの花」の岡田麿里、初監督映画「さよ朝」が泣けてしかたない理由

2018年03月14日 21時00分配信  リビングWeb

「ここさけ」「あの花」の岡田麿里、初監督映画「さよ朝」が泣けてしかたない理由の画像:キレイスタイルニュース
「ここさけ」「あの花」など、人気作品の脚本を手がけた岡田麿里さん。初監督のアニメ映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』(以下「さよ朝」)が全国映画動員ランキングで堂々5位にランクインするなど、話題になっています。ネットでも、男女問わず「泣けた」という声が多数! そのあらすじと見どころを紹介します。

sayoasa
?PROJECT MAQUIA
ファンタジーアニメ『さよ朝』の設定とあらすじは?
「さよ朝」は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『心が叫びたがってるんだ。』など、人気アニメ作品の脚本で社会現象を巻き起こした岡田麿里さんによる初監督作品としても注目度の高い作品。

まずは、気になる設定とあらすじをチェックしていきましょう!

主人公の少女マキアは、「イオルフの民」。数百年の寿命を持つ長命の種族で、外見の成長は10代半ばで止まってしまいます。ほかの種族と出会い、仲良くなったとしても別れを繰り返すしかない宿命から、“別れの一族”とも呼ばれています。そんな理由もあり、彼らは人里離れた土地で、「ヒビオル」という布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らしているのです。

ところがある日、イオルフの民が暮らす場所に人間の軍が攻め入ります。帰る場所を失い、暗い森へと逃げ込んだマキア。森の中で親を失った赤ちゃんを見つけ、自分が育てていくことを決意します。


アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ