「キャリアを棒に振っても大丈夫」とフリーランス協会の代表が言う理由/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 「キャリアを棒に振っても大丈夫」とフリーランス協会の代表が言う理由

「キャリアを棒に振っても大丈夫」とフリーランス協会の代表が言う理由

2018年03月12日 20時45分配信  ウートピ

異業種への転職やフリーランスへの転身に興味があっても、これまでのキャリアを捨ててしまうことになるのではないかと不安になりますよね。ちゃんと計画的に準備をして、スキルや経験を積んでからじゃないとムリだと思う人も多いかもしれません。

でも、チャンスが目の前に現れたら「波に乗ってみるのも悪くない」と、フリーランス協会の代表理事を務める平田麻莉(ひらた・まり)さんは言います。平田さんに、自分が納得できるキャリアの作り方について、前後編に分けて話を聞きました。

hirata1-3

ひらめきに従って「波乗り」してきた

??平田さんは現在、フリーランス協会で理事を務められていますが、もともと起業しようとか、自分が組織の中でリーダーになりたいと思っていたんですか?

平田麻莉さん(以下、平田):いいえ、全然。考えてもいなかったですね。協会を立ち上げることもそうですが、人生成り行きというか……。私のキャリアって「波乗り」だなって思うんです。

??「波乗り」ですか?

平田:はい。私、人生はコントロールできないものだと思っていて。全て計画通りになんて行かないし、誠実に生きていれば、そんなにひどい目に遭うこともないだろうって。良くも悪くも適当なんです(笑)。でも、その中でピンとくる出会いとか、インスピレーションがあったら、とりあえず乗っかるというスタンスでいます。そして、波が来た時は「キャリアを棒に振る」のもありだと思うんですよね。


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ