6割が睡眠に不満…「眠れる人」が就寝前にしている習慣とは/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 6割が睡眠に不満…「眠れる人」が就寝前にしている習慣とは

6割が睡眠に不満…「眠れる人」が就寝前にしている習慣とは

2018年02月23日 20時50分配信  リビングWeb

6割が睡眠に不満…「眠れる人」が就寝前にしている習慣とはの画像:キレイスタイルニュース
寒い朝は布団の中は天国のようだし、春が来ればウトウト眠い…。今回はそんな幸せ気分とはちょっと異なる眠りの話。昨年の流行語大賞の候補に「睡眠負債」が入るなど、眠りと健康との関わりに注目が集まっています。そこで、睡眠と健康について全国の女性たちに聞きました。
平日の起床は6時、就寝は11時が、みんなの平均

全国の女性1215人に聞いたこの調査では、平日の起床時刻は6時台、就寝時刻は23時台、平均的な睡眠時間は6時間が最も多いという結果になりました。

6-11
ただし、平日の睡眠時間が「足りない」「やや足りない」と答えた人は全体の57.1%でした。

1

そして、睡眠の質に「不満」「やや不満」な人は57.3%。この人たちはほぼ重なっているので、ざっくりと言えば、時間も質も足りない“眠れない”人が6割、“眠れる”人は4割ということになります。

では、なぜよく眠れないのでしょう。睡眠の質に「不満」「やや不満」な人たちに心当たりのある原因を聞いた回答がこのグラフ。

1-1

最も多かったのは、「ストレスや緊張」で全体の47.3%を占めました。この「ストレスや緊張」、実は睡眠に「不満」があるという人の6割以上が原因として挙げています。

一方、年代別に見てみると、全体で2位になっている「加齢」を挙げた人は 60代以上に多く、なんと74.1%もいました。


アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ