ANAインターコンチネンタルホテル東京、「嬉野茶時 in 雲海」特別賞味会を開催、嬉野の茶葉生産者によるティーセレモニーと茶葉を活用した日本料理を堪能/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ・レシピ
  5. ANAインターコンチネンタルホテル東京、「嬉野茶時

ANAインターコンチネンタルホテル東京、「嬉野茶時 in 雲海」特別賞味会を開催、嬉野の茶葉生産者によるティーセレモニーと茶葉を活用した日本料理を堪能

2018年02月19日 19時41分配信  マイライフニュース

 ANAインターコンチネンタルホテル東京は、2月16日のディナータイムと17日のランチタイムに、日本料理「雲海」(3FL.)において、500年以上の歴史を誇る銘茶地である佐賀県嬉野から「嬉野茶時」(プロジェクト名)のティーセレモニーを担う7名の茶葉生産者を招聘し、新感覚なお茶の淹れ方の実演と共に、各種嬉野茶とのマリアージュを意識した繊細な料理や、茶葉を活用した独創性あふれる逸品を楽しむことができる「嬉野茶時 in 雲海」特別賞味会を開催した。16日に行われたプレスプレビューでは、実際に嬉野茶の茶葉生産者によるティーセレモニーが披露された他、特別賞味会(昼の部)で提供される「特別御前」を堪能することができた。

 「佐賀県嬉野には、500年以上の歴史を持つ嬉野茶、400年の歴史を持つ肥前吉田焼、そして1300年前から湧き続けている温泉がある。この3つの伝統文化が息づいている地は、全国でも嬉野だけであると自負している」と、嬉野茶時の小原嘉元代表が挨拶。「嬉野茶時は、この3つの伝統を重んじながら、時代に合わせた新しい切り口で、4つの季節で嬉野を表現するプロジェクトとなっている。四季折々で開催されるイベントには、嬉野の出身者・在住者が約30名参加し、料理やスイーツの開発から、器づくり、コピーライト、ディレクション、WEB制作、プロモーションまですべてを手掛けている」と、地元スタッフによる地域密着型のプロジェクトなのだと述べていた。


アクセスランキング

グルメ・レシピの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ