日本産科婦人科学会とリクルートマーケティングパートナーズ、アプリ版「Baby+」を開発、「妊娠出産に関する情報の意識調査」の結果から情報過多や情報の質に関する課題を指摘/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. ヘルスケア
  5. 日本産科婦人科学会とリクルートマーケティングパートナーズ、アプリ版「Baby+」を開発、「妊娠出産に関する情報の意識調査」の結果から情報過多や情報の質に関する課題を指摘

日本産科婦人科学会とリクルートマーケティングパートナーズ、アプリ版「Baby+」を開発、「妊娠出産に関する情報の意識調査」の結果から情報過多や情報の質に関する課題を指摘

2018年02月13日 19時43分配信  マイライフニュース

 日本産科婦人科学会とリクルートマーケティングパートナーズは2月12日、妊産婦に寄り添い、安心安全な出産・育児ができる社会を目指すためのアプリ「Baby+」を開発、4月から本格展開することを発表した。また、日本産科婦人科学会協力のもと、リクルートマーケティングパートナーズが実施した「妊娠出産に関する情報の意識調査」では、情報過多や情報の質に関する課題を指摘した。同日に行われた発表会では、調査の結果報告や日々多くの妊産婦と接している産科医およびゼクシィBaby編集長を招いたパネルディスカッションを通じて、現代における妊産婦を取り巻く“情報環境”に対する課題を説明した。

 「日本は世界で最も安全にお産が可能な国として知られている。しかし、我が国の晩婚化にともない、高齢出産の割合も増えてきた。高齢出産によってリスクは高まるだけに、妊婦はその心配を払拭するべく、様々な情報を入手しようとする。ただし、情報量が多すぎて、的確な情報を取捨選択できなくなっている」と、日本産科婦人科学会 理事長の藤井知行先生が挨拶。「こうした課題を改善するべく、当学会では、リクルートマーケティングパートナーズの協力のもと、妊婦のための情報冊子『Baby+』を作成し、医院などで配布している」と、正確で役に立つ情報をまとめた冊子を製作したのだという。「さらに『Baby+』を多くの人に活用してもらうべく、新たにアプリ版を開発する。ぜひ期待してほしい」と、妊娠・出産についての情報をまとめた「Baby+」の新たなツールについてアピールした。

アクセスランキング

ヘルスケアの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.