4人に1人が “忖度チョコ”の経験 職場のバレンタイン、働き女子のホンネは…/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 4人に1人が “忖度チョコ”の経験 職場のバレンタイン、働き女子のホンネは…

4人に1人が “忖度チョコ”の経験 職場のバレンタイン、働き女子のホンネは…

2018年02月08日 20時45分配信  ウートピ

もうすぐバレンタインデー。

この季節になると「本命チョコ」「義理チョコ」という言葉もたびたび耳にします。

2月1日付の日本経済新聞では有名チョコレートブランド「ゴディバ」が「日本は、義理チョコをやめよう」という広告を掲載し、話題になりました。

「義理チョコ」と言うとその名の通り、仕事の一環で「仕方なく」贈るイメージもありますが、職場でのバレンタインの実態はどうなっているの?

そこで、社会人女性向け情報サイト「マイナビウーマン」が20代〜30代の働く女性に「バレンタイン」に関する意識調査を実施しました。

8割以上の女性がチョコを「買う」と回答

まず、「バレンタインデーにチョコレートを買いますか?」という質問には、84.1%の女性が「買う」と回答。渡す相手は、「夫・彼氏(57.1%)」がトップで、「親(25.0%)」、「男性の上司(21.0%)」の順となりました。

sub4

職場でのバレンタイン、7割が「アリ」

「会社でチョコレートをあげるのはアリだと思いますか?」という質問には71.0%が「アリ」と回答しました。一方で、会社で「義理チョコ禁止」のルールがあると回答したのは、13.9%でした。

sub2

sub3

多くの職場でバレンタインが習慣になっていることをうかがわせる結果となりました。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.