“ブス歩き”になってない?知らずに損するNGな歩き方3つ/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. “ブス歩き”になってない?知らずに損するNGな歩き方3つ

“ブス歩き”になってない?知らずに損するNGな歩き方3つ

2018年01月14日 19時00分配信  LBR(Life & Beauty Report)

“ブス歩き”になってない?知らずに損するNGな歩き方3つの画像:キレイスタイルニュース

誰かに教わることなく気がついたらできるようになっていて、無意識にやっているからこそ、その人の性格が出やすいといわれている“歩き方”。

実は残念な印象になっている『ブス歩き』の人が多く、気づかぬ間に損をしていることも……。

そこで今回は、ウォーキングインストラクターの筆者が知らずに損する『ブス歩き』についてお伝えします。

印象が悪くなる!ブス歩き3パターンとその印象

下を向いて歩く

下を向いて歩いていると、“自信がなさそう”、“性格が暗そう”という印象を持たれてしまいます。

自信なさげで、暗そうな人とあなたは仲良くなりたいと思いますか? 思いませんよね。もしあなたが下を向いて歩くのがクセならば、周りからきっとそう思われています。

また、下を向いて歩いていると何もなくても気持ちが暗くなり、考え方もマイナス思考になりやすくなります。さらに目の下のたるみやほうれい線、肩こりの原因にもなりかねません。

かかとを引きずる

重心が重いかかとの引き歩きは、“だらしない”、“ルーズ”という印象を持たれてしまいます。

一緒に何かをする時は、きちんとしている人がいいと誰もが思うもの。「だらしない人」という印象を持たれると、大切な仕事を任せてもらえなかったりします。

Life & Beauty Report(LBR) 2018


アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ