超小さい子猫がペットショップ前に捨てられている! 目も開いていない子猫に起きた優しい奇跡とは?/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 超小さい子猫がペットショップ前に捨てられている!

超小さい子猫がペットショップ前に捨てられている! 目も開いていない子猫に起きた優しい奇跡とは?

2018年01月14日 18時45分配信  Pouch[ポーチ]

超小さい子猫がペットショップ前に捨てられている! 目も開いていない子猫に起きた優しい奇跡とは?の画像:キレイスタイルニュース

「 “新しい命” を拾いました」


インスタグラムにまだ目も開いていない小さな小さな子猫の写真を投稿していたのは、孤児の子猫の救護活動を行うハンナ・ショー(Hannah Shaw)さん。


子猫がいたのはペットショップ「ペトコ(Petco)」に置かれたティッシュボックスの中。


誰かがお店に何にも言わずに放置していったそうで、子猫はまだ生後4日くらいで、体重はわずか80グラムしかなかったそう。重い脱水症状を引き起こしており、体中ノミに覆われていたのだそうです。


【わりとすぐに心を開いてくれたみたい】

ハンナさんは、お店から連絡をもらってすぐ子猫を助けに行ったそう。帰宅後は体を洗ってやり、温かい食事を与えたとインスタグラムにコメント。


海外サイト「Love Meow」によれば、子猫は2017年11月15日に保護され、その数日後には目を開いてくれたのだそうです。


「Love Meow」のインタビューに対し、ハンナさんは「2回目の食事とバスタイム、暖かいベッドでの就寝を終えて、ハンキーはようやく『この家は安全』と思い始めたようだ」と語っています。


【体重増えたよ!】

ハンキー(Hanky)と名付けられた子猫は、はじめ男の子だと思われていたようなのですが、実際は女の子。救助後はご飯をもりもりと食べて順調に体重を増やし、愛情を一身に浴びてすくすくと育っているみたいです。


アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ