【ネタバレあり】 話題作『キングスマン:ゴールデン・サークル』15分に1回は大興奮! アクションと残虐シーンがパワーアップしています/エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. エンタメ総合
  5. 【ネタバレあり】

【ネタバレあり】 話題作『キングスマン:ゴールデン・サークル』15分に1回は大興奮! アクションと残虐シーンがパワーアップしています

2018年01月12日 11時45分配信  Pouch[ポーチ]

【ネタバレあり】 話題作『キングスマン:ゴールデン・サークル』15分に1回は大興奮! アクションと残虐シーンがパワーアップしていますの画像:キレイスタイルニュース



【最新公開シネマ批評】映画ライター斎藤香が公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。


今回ピックアップするのは『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018年1月5日公開)です。


2014年の『キングスマン』の続編で、演出は前作同様にマシュー・ヴォーン監督。高級テイラー「キングスマン」の裏の顔はスパイ組織という設定と、スパイ・ガジェットを駆使したアクションが新鮮だった前作。続編は、ポップな音楽と映像とキレッキレのアクションが前作以上というか、エグさ倍増です。


ここからは、ネタバレありつつの本音レビューです。まずは物語からいってみましょう。


【物語】

イギリスのスパイ組織「キングスマン」が襲撃されて全滅! 助かったのはエグジー(タロン・エガートン)とマーリン(マーク・ストロング)の2人だけ。


彼らを襲ったのは新たな敵「ゴールデン・サークル」。そのボスは、残酷でクレイジーな美女ポピー(ジュリアン・ムーア)。彼女は世界中の麻薬常習者を人質にして、恐ろしい計画を実行に移そうとしていました。


その計画を阻止しようと、エグジーとマーリンが手を組んだのはアメリカのスパイ組織「ステイツマン」。エレガントなイギリスのスパイと、ワイルドなアメリカのスパイが「ゴールデン・サークル」に闘いを挑むのですが……。

アクセスランキング

エンタメ総合の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.