今年こそ、食べてキレイに!美容家が35歳でやめたこと3つ/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 今年こそ、食べてキレイに!美容家が35歳でやめたこと3つ

今年こそ、食べてキレイに!美容家が35歳でやめたこと3つ

2018年01月11日 20時00分配信  LBR(Life & Beauty Report)

今年こそ、食べてキレイに!美容家が35歳でやめたこと3つの画像:キレイスタイルニュース

「今年こそ、食を改善して健康的な身体を作りたい」と思っている方も多いと思います。

身体によいと言われている食べものをプラスすることも大切ですが、身体に良くないものをやめることも大切です。

美養フードクリエイターである筆者が、35歳でやめた食べものを3つご紹介します。

美容家が35歳でやめた食べもの3つ

(1)ジャンクフード

スナック菓子やドーナッツなどの揚げ菓子などに含まれる油味や甘味には、脳の報酬系と呼ばれる部分を刺激して、一時的に気分を上げる働きがあると言われています。

これは「快楽としての美味しさ」とも言われ、疲れた時やストレスが溜まっている時にジャンクフードが食べたくなるのです。

ですが、これは一時的なもので根本の解決にはなりません。
解決になっていないのに、酸化した油や化学調味料などの添加物たっぷりの物を食べてしまうなんて、余計に身体に負担がかかってしまいますね。

・これは、本当の食欲ではない!と自覚すること

・本当にお腹が空いているのであれば食事をとる

・小腹が空いているだけなら、ナッツや砂糖不使用のドライフルーツを食べる

などの対策をとって、ジャンクフードは卒業しましょう!

(2)白砂糖

白砂糖は糖質の塊です。糖質は、身体に必要な栄養素ではあります。
けれど白砂糖以外にも甘味料はいろいろあり、それらは白砂糖より栄養面で優れています。

Life & Beauty Report(LBR) 2018


アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ