侮れない!医師が教える子どもの摂食障害の危険性/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. ママ
  5. 侮れない!医師が教える子どもの摂食障害の危険性

侮れない!医師が教える子どもの摂食障害の危険性

2018年01月10日 20時38分配信  パピマミ

侮れない!医師が教える子どもの摂食障害の危険性の画像:キレイスタイルニュース 侮れない!医師が教える子どもの摂食障害の危険性
こんにちは、医療系フリーライターの鈴木ハナコです。

“摂食障害”という言葉を皆さんはご存知ですか?私自身も長年“食べられなくて痩せてしまう”程度の理解で、その病気の実態を詳しく知ることはありませんでした。

しかし、これは大きな認識不足で、もっと根が深く複雑な病気です。

摂食障害は、青年期に発症が多い病気とされていましたが、近年では子どもにも多く見られるようになり、より重要な問題となりつつあります。

今回は一緒に、子どもの摂食障害について、医師の監修のもと、理解を深めていきませんか?

●拒食だけではない、摂食障害

摂食障害と聞くとまず思い浮かぶのは、食事の量が減ったり、低カロリーなものしか食べなくなるなどして、極端に体重が減る拒食症です。

一方、満腹を感じることができず、異常な量を食べてしまう過食症も摂食障害 の一つ。

一見拒食症とは対極にあるように感じますが、食べた後自身で嘔吐をしたり、下痢を繰りかえしたりして、体重の増加を抑えようとするなど体にダメージを与えるような行動がでることもしばしばあります。

子どもの摂食障害は、拒食や痩せを主とすることが多く腹痛や吐き気 など、体に現れる症状も伴いやすいのが特徴です。


アクセスランキング

ママの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ