アメリカで2500万円以上を集めたレーザーキーボード、ついに日本上陸/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. IT・アプリ
  5. アメリカで2500万円以上を集めたレーザーキーボード、ついに日本上陸

アメリカで2500万円以上を集めたレーザーキーボード、ついに日本上陸

2018年01月10日 20時30分配信  roomie

アメリカで2500万円以上を集めたレーザーキーボード、ついに日本上陸の画像:キレイスタイルニュース

働く私たちにとって、スマホはもはや必須のアイテム。

アポイントを取るのもスマホ。タスク確認もスマホ。メールの返信もスマホ。かさばるPCを持ち運び作業するよりも、スマホで作業するほうが楽なのだ。

しかし、スマホにはご存知の通り、大きな欠点がある。PCのようにスムーズな文字入力ができない点だ。スマホでの大量の文字入力は一種のストレスとして私たちを悩ませている。

そんな問題を解決してくれるのが、日本でも何度も話題になった投影式レーザーキーボード「Serafim Keybo」

Serafim Keybo

海外ではアメリカのクラウドファンディングサイトKickstarterで展開済みだが、ようやく日本での展開が決まった。

すでに日本のクラウドファンディングサイトMakuakeにて、目標金額の10倍近くの資金が集まっている。

Serafim Keybo

最大の特徴は赤外線センサーによる、素早い文字入力が可能であること。これまでの投影式キーボードは指の動きをカメラで認識し、その映像から指の位置を感知していた。そのため、処理速度にも時間がかかった。

しかし、Serafim Keyboは「非接触型技術」を応用した二つの赤外線センサーを利用しているため、スピーディーで正確な文字入力が可能なのだ。


アクセスランキング

IT・アプリの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ