片想いしている男性にありがちな「勘違い」9パターン/恋愛・結婚 [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 恋愛・結婚
  4. 出会い・婚活
  5. 片想いしている男性にありがちな「勘違い」9パターン

片想いしている男性にありがちな「勘違い」9パターン

2017年12月07日 10時00分配信  スゴレン

片想いの最中、好きな子の行動を冷静に見られないことはよくあります。ときに拡大解釈して誤解していることもあるでしょう。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に、「片想いしている男性にありがちな『勘違い』9パターン」をご紹介します。

【1】目が合っただけで「相手も自分を意識している」と感じる
「向こうも自分を見てなきゃこんなに目が合わない」(20代男性)など、少し目が合うことに両想いの可能性を感じてしまうケースです。片想いの最中は、「自分が注目しているから目が合ってるだけかも…」という冷静な視点を持つことも忘れないようにしましょう。

【2】共通の趣味があると、「自分に合わせているからだ」と都合よく解釈する
「こんな奇跡はたまたま起きたりしない」(20代男性)など、偶然の趣味の一致を女の子が意識的に合わせてくれたと解釈するケースです。たとえそう思ったとしても、本音は心の中に伏せながら趣味の話題で会話を盛り上げることに徹しましょう。

【3】たまたま体が触れたことを「好意をアピールするボディタッチだ」と喜ぶ
「希望的観測でこう思った」(20代男性)など、偶然の接触を女の子が意図的に距離を狭めてきたととらえてしまうケースです。その後、何度も接触が続くようなら意図的かもしれませんが、一度や二度で終わったのなら偶然の可能性が高いでしょう。

sugoren,Inc


アクセスランキング

出会い・婚活の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ