女友達は少数精鋭がよし。「偶然近くにいるだけの人」との適切な距離感/エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. エンタメ総合
  5. 女友達は少数精鋭がよし。「偶然近くにいるだけの人」との適切な距離感

女友達は少数精鋭がよし。「偶然近くにいるだけの人」との適切な距離感

2017年12月06日 22時45分配信  ウートピ

適度な距離を保っておきたい、それがご近所さんだ。でも、徒党を組みたい、派閥を作りたい、自分の孤独を埋めたい人は必ずいる。ご近所さんの危ういところは、そこである。時折、オフィスでもそういう人がいると聞くが、決して友達とは呼ばないほうがいい。

悩みを絶対打ち明けないのは友達か?

さて、『奥様は、取り扱い注意』に話を戻そう。特殊な環境で育った綾瀬は、安穏な専業主婦ライフを望みつつも、頻繁に起きるご近所トラブルを秘密裏に解決していく役だ。

元工作員であることは、もちろん隠している。みなしごだったことは話したものの、自分の過去は話さないし、話す必要もない。悩みは、正体不明の夫(西島秀俊)である。

一方、広末は本当は働きたいのだが、モラハラ夫(石黒賢)から子育てに専念することを強要されている。そもそも石黒は、キャリア志向の強い学生だった広末を、意図的に妊娠させた経緯がある。広末が仕事したい旨を伝えても、「もう一人子供を作ろう」と言われる始末。強要どころか、言葉が通じない状況だ。

また、本田は強烈な人格否定と子作り脅迫を日々浴びせてくる厄介な義母(銀粉蝶)と、義母の肩を持つ夫(中尾明慶)にストレスをためまくっている。しかも中尾は絶賛浮気中。「残業」という日に限って笑顔で帰ってくるわかりやすさにセックスレスのWパンチだ。


アクセスランキング

エンタメ総合の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ