女友達は少数精鋭がよし。「偶然近くにいるだけの人」との適切な距離感/エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. エンタメ総合
  5. 女友達は少数精鋭がよし。「偶然近くにいるだけの人」との適切な距離感

女友達は少数精鋭がよし。「偶然近くにいるだけの人」との適切な距離感

2017年12月06日 22時45分配信  ウートピ

ご近所さん=友達になるかどうかは微妙なのだが、家と近所が主戦場の専業主婦となると、仲良しのフリをしたほうが得策なのかな。そんなことをつらつらと考えさせるのが『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)である。

主役は、綾瀬はるか。元・工作員だが、今は専業主婦となって、異様に大きな一戸建ての家に住んでいる。どうやらセレブタウンだ。隣に住んでいるのが、同じく専業主婦の広末涼子と本田翼。日々、料理教室だ太極拳だと習い事に綾瀬を誘い出す。要するに、セレブマダムの優雅な暮らしぶりを描いているのだ。

綾瀬は夫とふたり、広末は夫と息子、本田は夫と義母と、ちょっとずつ家族構成は異なる。持ち家なのか借家なのか、細かい所はわからないが、生活レベルはほぼ同格。夫の収入だけで不自由なく暮らせるという共通項のもと、「ずっと仲良くしましょうね!」と言う

そもそも隣に住んでいるだけで、強制的に仲良しチームに入れさせられるのはキツい。

そういえば、過去に隣人と友人の境目が仇(あだ)となるドラマがあった。檀れいが、隣に引っ越してきた仲間由紀恵に仕組まれて、壮絶な恐怖体験をする『美しい隣人』(フジテレビ系・2011年)、菅野美穂がタワマンに住み、謎のご近所さんである松嶋菜々子に脅威を感じる『砂の塔〜知りすぎた隣人』(TBS系・2016年)である。どちらもサスペンスだが、ご近所付き合いから一歩進んで友達になり、距離を縮めすぎることの危険性を描いていた。


アクセスランキング

エンタメ総合の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ