他人から与えられる優越感は甘い罠…「仕事も愛も手にしたい女」の悲鳴/恋愛・結婚 [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 恋愛・結婚
  4. 他人から与えられる優越感は甘い罠…「仕事も愛も手にしたい女」の悲鳴

他人から与えられる優越感は甘い罠…「仕事も愛も手にしたい女」の悲鳴

2017年12月05日 21時45分配信  ウートピ

きゃー!!! 今夜も女性の悲鳴が聞こえてきました。「私がいないとダメだって言ったじゃない!」。ケンカでしょうか。女性が男性に向かって叫んでいます。なになに。「娘が産まれたからもう関係を解消したい」と。これはどうやら不倫です。ずんずんさん、彼女はどうしてこんなに別れに怯えているのでしょうか。

周りが見えぬは当事者ばかり

こんばんは! ずんずんです。

不倫……。

それはわかっちゃいるけどやめられない、女と男の深い業……。

不倫って、他人からすれば「あんた、何やってるの」と突っ込みどころ満載ですが、不倫当事者になると、周りが見えなくなるんですよね。しかも男性が既婚で、お金もあって地位もあったら……。そんな人にアプローチされたら、独身の女の子は舞い上がっちゃうかもしれません。

今日は、そんなぷかぷか舞い上がってしまったFさんのお話です。Fさんは3年ほど勤めた広告代理店を辞め、転職して、あるベンチャー企業に就職しました。

私は彼のビジネスパートナー?

その会社は、ノリにノッてるイケイケベンチャー。社長は40代で、年齢の割には若く、ちょっとイケメン風の羽振りのいい、既婚者です。

つまりは、地位も権力も金も妻子もある男性でした。


アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ