気圧の変化に敏感な「低気圧女子」 年間100個通過する低気圧がつらい/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 気圧の変化に敏感な「低気圧女子」 年間100個通過する低気圧がつらい

気圧の変化に敏感な「低気圧女子」 年間100個通過する低気圧がつらい

2017年11月08日 09時45分配信  ウートピ

空がどんより厚い雲で覆われると、頭もズーンと重たくなる。

季節の変わり目はやる気が起こらず戦意喪失、仕事がまったくはかどらない。

ただでさえ生理の日はツラいのに、雨が降ると吐き気まで……。

と思い当たったあなたは、天気によって体調や気分が左右される、低気圧女子かもしれません! 気象予報士で、『低気圧女子の処方せん』(セブン&アイ出版)を上梓したばかりの小越久美(おこし・くみ)さんに、女子の正しい天気との付き合い方をレクチャーしていただきます。

第2回は、低気圧女子と気圧の関係について聞きました。

気圧変化に敏感な低気圧女子たち

どんより曇り空、突然の豪雨、台風接近中。天気が下り坂のとき、低気圧女子たちの不調はピークを迎えます。

「低気圧女子というネーミングからもわかる通り、不調を招く引き金となるのが低気圧です。大まかにですが、空一面がグレーのとき、天気予報にくもりマークや雨マークがついているときは、低気圧がやって来ていると考えて、体と心に負担のかからない生活を心がけるようにしましょう。

あまり知りたくないかもしれませんが……。日本付近を通過する低気圧は、年間100個ほどにもなります。自分の体調や低気圧のパワーによっても不調の感じ方はさまざまだと思いますが、単純計算で3〜3.5日に1回は低気圧の影響を受けていることになります。


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ