“70歳で妊娠”の設定が話題に 「子どもはいずれ…」の感覚が変わった時/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. “70歳で妊娠”の設定が話題に 「子どもはいずれ…」の感覚が変わった時

“70歳で妊娠”の設定が話題に 「子どもはいずれ…」の感覚が変わった時

2017年11月07日 20時45分配信  ウートピ

「産むなら、若いうちに産んでおいた方がいい」

ライフプランがこれだけ多様になっても、こと「産む/産まない」の問題になると、そうアドバイスされる場面がよくありますよね。

とはいえ、20代も、30代も、他にやりたいことがいっぱいある。人が最も、仕事や趣味を楽しみたい時期が、自分で稼いだお金を自分のために使いたい時期が、妊娠適齢期だなんてあんまりだと感じている女性は少なくないはず。

でも、もし70代でも産めるとしたら……。

そんなSFのような世界を描いた漫画が、現在『くらげバンチ』(新潮社)で連載中『セブンティウイザン』という作品。それまで子どもができなかった70歳の女性が突然妊娠するというストーリーで話題を呼んでいます。

今、なぜ「70歳からの子育て」を描いたのか? 著者のタイム涼介さんに聞きました。

photo1-1

無職で子育てをして感じたこと

――『セブンティウイザン』は妊娠や出産についての描写にすごくリアリティがありますよね。実は私、最初に読んだとき、作者は女性の方だと思っていたんです。後から男性だと知って驚きました。

タイム涼介さん(以下、タイム):よく「どういう取材をして描いたんですか?」と聞かれるんですが、取材というか……、妻の妊娠中にただただそばにいてずっと見ていただけなんです。当時僕は漫画の連載を持っていなくて仕事も収入もほとんどなく、『セブンティウイザン』の主人公の朝一さんとよく似た状況でした。


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ