寝不足の脳はチューハイ2杯で酔った状態! 眠りの質は昼間に改善できる/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 寝不足の脳はチューハイ2杯で酔った状態!

寝不足の脳はチューハイ2杯で酔った状態! 眠りの質は昼間に改善できる

2017年10月31日 21時20分配信  リビングWeb

寝不足の脳はチューハイ2杯で酔った状態!  眠りの質は昼間に改善できるの画像:キレイスタイルニュース
寝不足で調子が悪い…
チューハイ2杯を飲んだ時と同じ「脳機能」
まずは、比べてみましょう。現代の成功者たちと、1日の睡眠時間。
■イチロー…8時間
■Apple CEO ティム・クック…7時間
■Huffington Post 創設者 アリアナ・ハフィントン…7時間
→しっかり寝ていますね。
みなさんはどのくらい眠ると調子がいいですか?

「睡眠時間が1日5時間を切る日が続くと、チューハイを2〜3杯飲んだときと同じくらい脳機能が低下します」と日本睡眠学会認定医の白濱龍太郎先生(※)
日中眠い

睡眠不足によって「がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、精神疾患」のリスクが高まることも知られています。

必要な睡眠時間は、年齢差や個人差もあるのですが、短すぎても長すぎても良くないのが難しいところ。過去の研究では、1日の睡眠時間は7時間(6.5〜7.4時間)が最も死亡リスクが少ないことがわかっています。(https://publichealth.med.hokudai.ac.jp/jacc/reports/tamaa1/index.html)

休日の朝寝坊はプラス2時間まで
全国の20〜50代男女(ビジネスパーソン)が、最も眠くてだるい時間帯は「正午〜午後3時」。疲れのピークは「木曜日」だそう(ウーマンウェルネス研究会の調査)。


アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ