「メイクは義務」東京・ソウルの女性の考え方は特殊? 世界の7都市で比較してみた/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 「メイクは義務」東京・ソウルの女性の考え方は特殊? 世界の7都市で比較してみた

「メイクは義務」東京・ソウルの女性の考え方は特殊? 世界の7都市で比較してみた

2017年10月20日 09時45分配信  ウートピ

メイクは身だしなみとして必要だと感じている女性は多いことでしょう。でもそれは、自分を取り巻く環境による価値観かもしれません。

このたび、カネボウ化粧品は、東アジアを中心とした7都市で「女性のライフスタイル調査」を実施しました。

その結果、各国・地域それぞれの女性を取り巻く環境、社会的な立場やライフスタイルの違いが、メイクに対する意識や表現に影響を与えるということがわかりました。調査結果からまとめられた考察を紹介します。

社会の中での女性とメイクの関係

main660

調査対象は、東京、北京、上海、台北、バンコク、ソウル、ニューヨーク(NY)の7都市の18〜34歳の女性、計1219人。

どの都市の女性も、プライベートにおいては楽しんでメイクをしている傾向があるようです。しかし、仕事においては、東京・ソウルでは、メイクを「女性の自由な選択としてではなく義務として感じている傾向がある」とのことでした。

メイクの役割は?

メイクをする意味を聞いたところ、ソウル以外の都市の女性からは「身だしなみのため」が最も多く挙げられました。ソウルの女性は「欠点カバー」「自己表現」という回答が多くあがりました。

この結果を受けてカネボウ化粧品は、「東京・ソウルの女性のメイクに対する考え方は、アジアの中でも特殊」だといいます。


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ