共働きなのに「家事は妻」のナゼ 妻の疲れ、認識していない夫が6割も.../ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 共働きなのに「家事は妻」のナゼ 妻の疲れ、認識していない夫が6割も...

共働きなのに「家事は妻」のナゼ 妻の疲れ、認識していない夫が6割も...

2017年10月19日 17時02分配信  東京バーゲンマニア

共働きなのに「家事は妻」のナゼ 妻の疲れ、認識していない夫が6割も...の画像:キレイスタイルニュース

共働きが主流の今、夫婦の家事分担は必須。...ところがパナソニックが行ったアンケート調査の結果、ほとんどの家事を妻が行っている家庭が多いことがわかりました。

では、働きながら家事を行うことについて妻はどう感じているのでしょうか。アンケート調査結果をもとに、共働き家庭の家事分担の実態、妻と夫の家事に対する認識を詳しくみていきましょう。

共働き妻が最も負担なのは「平日の夕食作り」

調査は2017年4月、30〜40代の既婚男女2742人を対象に行われたもの。まず23種類の家事項目をあげて平日の家事分担について質問したところ、共働き家庭でも専業主婦家庭でも、家事は妻が行うことが圧倒的に多くなっていました。

その中で最も負担に感じる家事を妻に聞くと「夕食の用意」(54.9%)と「夕食後の後片付け」(54.1%)が特に目立つ結果に。

やはり働きながらの家事は妻の大きな負担になっているようですが、そのことを夫はどう思っているのでしょうか。

共働き家庭の妻の約6割が「家事に疲れている」と回答しているのに対し、妻が家事に疲れていると認識している夫は4割程度です。夫は「妻はまだ大丈夫そう」だと都合よく捉え、「家事も任せよう」と甘えている傾向がうかがえました。


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ