働き女子の“大先輩”干場弓子社長に聞く「30代でやっておいたほうがいいこと」/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 働き女子の“大先輩”干場弓子社長に聞く「30代でやっておいたほうがいいこと」

働き女子の“大先輩”干場弓子社長に聞く「30代でやっておいたほうがいいこと」

2017年10月07日 14時01分配信  ウートピ

ある程度の経験を積み、仕事もやっと面白くなってくる20代後半から30代。責任がある仕事も任されるようになって「できること」は増えたけれど、だからこそ、これから自分はどうしていきたいのか、どう働いていけばいいのか、ふと考えたり、モヤモヤしてしまうことも。

そんな働き女子の不安やモヤモヤを“大先輩に”ぶつけてみたら何かヒントが見つかるかも……? 

というわけで、今回お話を伺う“大先輩”は「ディスカヴァー・トゥエンティワン」の干場弓子社長。

同社は、「婚活」ブームのきっかけとなった『「婚活」時代』(2008年)やミリオンセラーとなった『超訳 ニーチェの言葉』など、話題の書籍を次々と世に送り出している出版社。取次店を通さずに書店と直取引をするという出版界の“常識”を覆すビジネスモデルを確立し、業績をグングンと伸ばしています。

第1回目のテーマは「30代でやっておいたほうがいいこと」です。

「プラン」という言葉が嫌いな理由

??今回はインタビューをお引き受けくださり、ありがとうございます。ウェブサイト「本to美女」に掲載されていた干場社長のインタビューを読んで、一つ一つの言葉がとてもパワフルで印象的だったんです。それで、ぜひ働く20〜30代の女性向けにお話を伺えればと思ったんです。


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ