最近CM炎上が多いのはなぜ? あの広告のコピーライターも語る/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 最近CM炎上が多いのはなぜ? あの広告のコピーライターも語る

最近CM炎上が多いのはなぜ? あの広告のコピーライターも語る

2017年09月23日 20時45分配信  ウートピ

登場人物のセリフがセクハラ発言ではないかと批判された資生堂「インテグレート」のテレビCMや、うなぎをスクール水着の少女で擬人化したことが問題となった鹿児島県志布志町のPR動画「うな子」など、ウートピではこれまで、CM炎上についてたびたび取り上げてきました。

なぜ、最近CMの炎上が多いのか?

その理由を、本日23時放送のAbemaTV「Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜」で掘り下げていきます。コメンテーターとして、ウートピ編集長の鈴木円香も出演。ウートピでの取材経験も織り交ぜつつ、MCのSHELLYさん他、CM制作の現場で働く女性3人などと共に真相に迫ります。

PHOTO1 (18)

現場に女性はいないのか?

実は「スタジオ出演者は全員女性」というのがこの番組のルール。ところが、出演者に制作現場で活躍する女性をキャスティングしようとしてとても苦労したという話が、番組冒頭でSHELLYさんの口から明かされます。

その理由の一つが、女性スタッフの少なさ。

現在、関西を中心に活躍しているコピーライターの中村美夕紀さんは、20数年前の新人時代に「コピーライターです」と企業に挨拶をしに行ったところ、「うち、コピーは壊れていません」と言われた経験があるそう。それほどまでに女性スタッフが珍しかった時代に比べれば、ここ数年でCMプランナーやディレクター、コピーライティングの間にも女性が増えてきてはいるようですが、やはりまだまだ男性社会が残る広告業界の現状も番組内で明かされていきます。


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ