【おんな城主直虎】高橋一生演じる政次の処刑シーンが大河史上に残るラブシーンだと話題に / 5分でわかる動画も公開されています/エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. エンタメ総合
  5. 【おんな城主直虎】高橋一生演じる政次の処刑シーンが大河史上に残るラブシーンだと話題に

【おんな城主直虎】高橋一生演じる政次の処刑シーンが大河史上に残るラブシーンだと話題に / 5分でわかる動画も公開されています

2017年08月22日 12時15分配信  Pouch[ポーチ]

【おんな城主直虎】高橋一生演じる政次の処刑シーンが大河史上に残るラブシーンだと話題に / 5分でわかる動画も公開されていますの画像:キレイスタイルニュース

現在放送中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。2017年8月20日に放送された第33回『嫌われ政次の一生』はこのドラマにおける大きな節目となるお話でした。


タイトルにある “政次” を演じているのは、高橋一生さん。


第33回では、徳川と内通していた直虎(柴咲コウさん)と政次に最大のピンチが訪れます。約束通り徳川勢による井伊谷への進軍を受け入れようとしたところに、突然矢を放ってきたのは、徳川の先導役を務めていた近藤康用(橋本じゅんさん)。徳川勢に弓を引いた罪を政次に押しつけて井伊谷をわがものにしようと、罠に陥れたのです。


【第33回の大まかなあらすじ】

「政次は潔白だ」と主張した直虎は、牢に閉じ込められてしまいます。一方の政次はいったん隠し里に身を寄せますが、最終的には「自分ひとりが犠牲になれば、他の者の血が流れなくて済む」と自らの意思で「自分がやった」と名乗り出て、ついには磔(はりつけ)の刑に処されてしまったのでした。


【処刑シーンに涙が止まらない】

この処刑シーンが圧巻で、ツイッターの大河ファンの中では「大河史上に残るラブシーン」とまで評されているほど。


政次を刺そうと左右に槍をかまえる兵たちが動くよりも前に、直虎は自ら槍を手に持って、政次の心臓を一突き。


このニュースに関連するイケメン・タレント: 柴咲コウ 菅田将暉 その他のイケメン・タレント一覧

アクセスランキング

エンタメ総合の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ