『シェルブールの雨傘』が蘇る!?フレンチポップなミュージカル映画『ジュリーと恋と靴工場』が今秋公開/エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. 『シェルブールの雨傘』が蘇る!?フレンチポップなミュージカル映画『ジュリーと恋と靴工場』が今秋公開

『シェルブールの雨傘』が蘇る!?フレンチポップなミュージカル映画『ジュリーと恋と靴工場』が今秋公開

2017年08月22日 11時00分配信  FASHION HEADLINE

『シェルブールの雨傘』が蘇る!?フレンチポップなミュージカル映画『ジュリーと恋と靴工場』が今秋公開の画像:キレイスタイルニュース 9月23日より、新宿ピカデリー、シ…

ジャック・ドゥミ監督の名作『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』を想起させるフレンチ・ミュージカル映画『ジュリーと恋と靴工場』が、9月23日から新宿ピカデリーやシネスイッチ銀座他で公開される。

田舎町に住むジュリーは、職なし、金なし、彼氏なしの25歳。そんな彼女はようやく高級靴メーカーの工場への就職を勝ち取ったが、そこは近代化の煽りを受けて、閉鎖の危機に直面していた。ジュリーと靴職人の女たちは“戦う女”と名付けられた赤い靴を武器に立ち向かっていく――。女性が自立していく姿を描いた物語だ。ジャック・ドゥミ監督による名作『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』を彷彿させる、カラフル&ポップ、小粋なミュージカル映画となっている。

『ジュリーと恋と靴工場』の監督を務めたポール・カロリとコスティア・テスチュは、2017年のパームスプリングス国際映画祭で新人監督賞にノミネートされた話題の新鋭コンビで、彼らにとって今回が長編デビュー作に当たる。また、くるくると表情を変える、キュートな丸い瞳が魅力的なポーリ―ヌ・エチエンヌが、主人公のジュリーを好演した。

作品の舞台であるフランスのロマン市は、実際に高級靴の生産地として有名な地域。劇中では現地で作られた靴や靴箱を使用するなど、細部にもこだわっている。さらに、色や配置が計算しつくされた靴と洋服、そして本物のダンサーを起用したフランスらしいコケティッシュな踊りと歌に、いつの間にか魅了されてしまうだろう。

動画引用元: (配給会社ロングライドオフィシャルYouTube: https://youtu.be/EPl40u1jfgw)

    Copyright (c) 2017 Fashion Headline Ltd. All rights reserved.


    アクセスランキング

    最新ニュース

      【免責事項】
    • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
    • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
    • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

    ピックアップ
    読者エディター
    美の賢人ブログはこちら
    ピックアップ