『コード・ブルー』まさかこんなのアリ!? 山P笑顔のスゴすぎ効能に撃沈/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 『コード・ブルー』まさかこんなのアリ!? 山P笑顔のスゴすぎ効能に撃沈

『コード・ブルー』まさかこんなのアリ!? 山P笑顔のスゴすぎ効能に撃沈

2017年08月13日 11時00分配信  ウーマンエキサイト

『コード・ブルー』まさかこんなのアリ!? 山P笑顔のスゴすぎ効能に撃沈の画像:キレイスタイルニュース
『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)第4話が8月7日に放送され、視聴率は13.8%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と相変わらず好調だ。

© whim_dachs - Fotolia.com


第4話のタイトルは「笑顔の効能」。たとえ医療現場でも、手術や薬ではなく笑顔によって救われる人もいるという現実が、さまざまな笑顔をとおして描かれた。

■橘の息子の容体が急変! 互いを思う親子の笑顔に号泣

© Stephan Morrosch - Fotolia.com


物語の中心となったのは、拡張型心筋症を患う橘(椎名桔平)の息子・優輔(歸山竜成)。容体が急変するも、一命を取り留めICUに移動となる。そんななか、同じ病気を患う同い年の少年・暁人が心停止。橘はじめ救命スタッフ総出で懸命な処置を行うも、亡くなってしまう。

優輔の前でつらい表情をしがちな母・三井(りょう)に対して橘は「笑顔でいてやってくれ。あいつは、おまえのことが一番好きなんだ」と声をかける。だが三井は「笑ってあげたい。でも、どうやったら笑えるの?」と当惑した。

その後、病院の庭先から親子3人で花火を眺めていると「暁人と観たかった」と初めて本音を漏らして泣き出す優輔。三井は、小さな頃に優輔が花火を怖がって泣いた話を持ち出し、無理に笑顔を見せる。それに対して優輔が「やっぱり笑ってるお母さんが良いな」とほほ笑む場面は、子を思う親、親を思う子、それぞれへの感情が交錯して涙が止まらなかった。

Copyright (c) 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ