イッセイ ミヤケの香水パッケージやエルメスのスカーフをデザインした「フィリップ・アペロワ展」が銀座で開催/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. イッセイ

イッセイ ミヤケの香水パッケージやエルメスのスカーフをデザインした「フィリップ・アペロワ展」が銀座で開催

2017年08月12日 13時00分配信  FASHION HEADLINE

イッセイ ミヤケの香水パッケージやエルメスのスカーフをデザインした「フィリップ・アペロワ展」が銀座で開催の画像:キレイスタイルニュース ロードゥ イッセイ サマーオード…

仏パリを拠点に活動するタイポグラファー、フィリップ・アペロワ(Philippe Apeloig)の展覧会「Apeloiggg Tokyo フィリップ・アペロワ展」が9月16日まで、ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)にて開催中。

本展覧会では、フィリップ・アペロワの意欲的な最新作と近作にフォーカス。彼が手掛けたイッセイ ミヤケ パルファム(ISSEY MIYAKE PARFUMS)のサマーフレグランス「ロードゥ イッセイ(L’EAU D’ISSEY)」シリーズやホリデーコフレのパッケージデザイン、エルメス(HERMES)のロラン・バルト(Roland Barthes)生誕100周年記念スカーフ、最新作にして新たな挑戦でもあるセーブル焼磁器の他、2010年にパリで開催された「イヴ・サンローラン展」のビジュアルを始めとするダイナミックなポスターの数々、ポップさの裏で緻密に設計されたフォントやユニークなロゴなどが紹介される。

フィリップ・アペロワは、1962年フランス・パリ生まれ。デュペレ応用美術高等学院と国立高等装飾美術学校で学んだ後、オルセー美術館のグラフィックデザイナーやルーヴル美術館のアートディレクターなどを歴任。モダニズムに多大な刺激を受け、絵画やパフォーミングアート、そして文学にも造詣が深い彼の作品の特徴は、リズミカルで大胆なタイポグラフィー。それらは、平面であるポスターの中で立体的な文字となり、見る者の感情に訴え掛けるパワーがある。これまでに、パリ装飾美術館での大回顧展「Typorama」(2013年)や、オランダ・アムステルダムのステデリックミュージアムでタイポグラフィックなポスターに焦点を当てた個展「Using Type」(2015年)を開催。2011年にはフランスの芸術文化勲章を受章している。

Copyright (c) 2017 Fashion Headline Ltd. All rights reserved.


アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ