サンダルで足が痛い! 足と靴専門の理学療法士に聞く、正しい歩き方と姿勢とは/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. サンダルで足が痛い!

サンダルで足が痛い! 足と靴専門の理学療法士に聞く、正しい歩き方と姿勢とは

2017年06月19日 20時45分配信  ウートピ

ミュールやサンダルを履いて歩いたら、いつの間にか靴ずれができて痛い……という経験はありませんか。足の痛みをかばうと、歩きかたがぎこちなくなって見た目の美しさも損ないます。歩きにくいミュールやサンダルを美しく履きこなすコツはあるのでしょうか。足と靴専門の理学療法士で、馬喰快歩堂(ばくろかいほどう。東京都中央区)所長の三浦賢一さんにお話を伺いました。

つま先、かかと、アーチラインが原因で前かがみになる

ミュールやサンダルは、足が痛くなっても仕方がないものと考えて履く女性が多いようです。

三浦さんは、「靴ずれくらいで済めばいいですが、中には重いトラブルになる人もいます」と話し、靴の特徴と歩く姿勢について、こう説明をします。

「履き始めは靴ずれが痛むくらいのことでも、無理をして履き続ければ外反母趾(がいはんぼし)や内反小趾(ないはんしし)など、トラブルはより重くなっていきます。

ミュールやサンダルは、つま先が開き、かかとにはホールド部分がありません。足の甲やかかとに靴の押さえがないので、足が前方にすべりやすくなり、かかとは不安定になります。

また、靴の底の土踏まずの部分であるアーチラインと自分の足のアーチラインが合わない靴を履いていれば、それだけで足が前にすべる要因になります。


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ