「場をやわらげる人」がやっている無知の作法 知識とは相手を拒絶するもの/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 「場をやわらげる人」がやっている無知の作法 知識とは相手を拒絶するもの

「場をやわらげる人」がやっている無知の作法 知識とは相手を拒絶するもの

2017年05月19日 20時45分配信  ウートピ

みんながどことなく緊張している場面でも、ほんのひと言でふわっと場をやわらげてくれる人、いますよね。どこでも重宝されるそういう「有能な人」には、あるコミュニケーションの作法があると精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生は話します。名越先生も実践中だという、その作法とは?

「場をやわらげられる人」がやっていること

「有能な人は、すべてについて有能である。無知にかけてさえも有能である」

前回紹介した16世紀のフランスの哲学者モンテーニュの言葉。特にこの「無知にかけてさえも有能である」ってところは、すごく示唆的ですよね。僕の解釈では、「自分が無知であることからでも、話を立ち上げてくることができる」っていうふうに感じたんです。

自分は無知だから教えてください、っていうところから、どれだけ場の話を豊かにできるか。たとえば堅苦しい議論の場で「僕、不勉強ですいません。どういうことでしょうか?」って率直に言ったら、多分はじめはみんなから鼻で笑われますよね。

「こういうことですよ」「あ〜、そうなんですか。じゃあ、これはこういうことですか?」って、また無知をさらけ出す。でもそこに、場の緊張をやわらげるような人としての可愛げがあったりする。でも可愛げというのは、えくぼや下がった眉のことではなくて、やっぱりそこにツボを心得た切り口の質問があるからなんです。


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ