会社員だった私が4000万円の家を購入 ローンと覚悟の不思議なカンケイ/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 会社員だった私が4000万円の家を購入 ローンと覚悟の不思議なカンケイ

会社員だった私が4000万円の家を購入 ローンと覚悟の不思議なカンケイ

2017年05月18日 20時45分配信  ウートピ

フツーに会社員をしていた女おひとり様が、40歳にして4000万円で都心に一軒家を建てた時、身に起きた最大の変化は「地に足がついたこと」。

前回、東京・豊島区に「10坪」の土地を見つけ、今回はいよいよその土地を購入することに。

「私、ホントに東京に土地を買っちゃうんだ〜」という相変わらずフワフワとした感覚のままサインしたものの、実際に4000万円の買い物をしてみると、何やら覚悟のようなものがムクムクと湧いてくる。それは、自由気ままなおひとり様人生で初めての経験だった??。

3階のロフト部分からの天窓の眺め。畳を敷いたスペースは普段、寝室として使っている。

3階のロフト部分からの天窓の眺め。畳を敷いたスペースは普段、寝室として使っている。

見学から購入までわずか3週間

2010年11月末、フワフワ宙に浮いた感覚のまま、私は「不動産購入申込書」にサインをしていた。とはいえ、この時点ではまだ購入決定ではない。審査も通っていないし、こちらからの購入条件もいくつか出し、それをクリアにする必要もあった。

ところが、そんなハードルもなんなく飛び越えて、話は短期間のうちに急激に進んでいった。今振り返ると、土地の見学から購入までわずか3週間ちょっとだ。

11月20日:土地の見学
11月29日:「不動産購入申込書」を提出
12月3日:銀行へ融資の相談
12月12日:「不動産売買契約」を交わす


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ