失敗の原因は描く順番にあった 眉メイクで印象をアップデートするポイント/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 失敗の原因は描く順番にあった 眉メイクで印象をアップデートするポイント

失敗の原因は描く順番にあった 眉メイクで印象をアップデートするポイント

2017年05月15日 21時00分配信  ウートピ

「第一印象をよくしたいなら目元のメイク。特に眉は描きかたひとつで、怒りっぽそうな人とか、優しそうな人だと瞬時に印象付けてしまいます。もちろん、素敵な人だなと思わせることも可能」だと話すのは、美眉アドバイザーの玉村麻衣子(たまむら・まいこ)さん。

そんなに大事なパーツなのに、「とりあえずトレンドの太眉にしておけば安心」「学生の頃からやってるこの描き方がラクだし」……と思っていませんか?

大人の女性が眉毛をアップデートする時、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

美人になりたければ前髪を作らない

??眉で初対面の印象まで左右されちゃうんですね。そんなに力があるなら、前髪で隠したくなります。隠しちゃえば眉も見られませんよね。

玉村麻衣子さん(以下、玉村):それはあまりおすすめできません。美人になりたいなら、前髪は作らず、眉と額をしっかり出す方がおすすめ。眉メイクが苦手だからとか、トレンドだからと安易に厚めの前髪を作ると損することもあるんですよ。

??え……? どういうことですか?

玉村:まず、表情が乏しく見えてしまうんです。怒っている人や悲しんでいる人の顔を想像してみてください。眉がつり上がったり、八の字になったりしていますよね。でもそれが前髪で隠れていたらどうでしょう。喜怒哀楽がわかりにくく、“何を考えているのかわからない人”に見えてしまいますよね。また、隠れているから適当でいいやとメイクをサボる癖がついたら、上達もしません。つまり、美人になるチャンスを自ら逃しているんです。


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ