「稼ぐ」と「学ぶ」が5割ずつ 脱・OLピラティス講師のワークスタイル/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 「稼ぐ」と「学ぶ」が5割ずつ 脱・OLピラティス講師のワークスタイル

「稼ぐ」と「学ぶ」が5割ずつ 脱・OLピラティス講師のワークスタイル

2017年05月15日 19時45分配信  ウートピ

2年にわたり続けてきた「講師」と「OL」のデュアルワークに終止符を打とうと決め、フリーランスのピラティス・ヨガ講師となった柴森雅子(しばもり・まさこ)さん。

「好きなことだけやる生活がこんなに楽しいなんて。本業一本に絞ることにどうして、あんなに迷っていたんだろう。もっと早く決断していてもよかったかもと思いますね」

そう語る柴森さんに今のワークスタイルを聞きました。フリーランスのピラティス・ヨガ講師となった彼女は、今どんな毎日を送っているのでしょうか?

photo2-1

「やっとつかんだ仕事」だから休まない

最初に柴森さんの1週間のスケジュールを教えていただきました。

月曜日 10時から21時まで仕事
火曜日 7時から21時まで仕事
水曜日 7時から20時まで仕事
木曜日 10時から21時まで仕事
金曜日 休み(研修に参加)
土曜日 11時から18時まで仕事
日曜日 9時から17時まで仕事

週6日、毎日担当するレギュラーレッスンとパーソナルレッスンでびっしり埋まっています。これにプラス、平日週1でインターンとして勉強しているジムに通っているそうです。

「例えば、火曜は朝6時起床、7時半から有楽町でレッスン。9時半からインターンで勉強をさせていただいてるジムへ行くか、パーソナルレッスンを担当して、夕方6時から7時半までスタバで勉強、8時から9時までレッスン。10時に帰宅して12時頃にベッドに入るという感じです」

現在担当しているレギュラーレッスンは週18本。それだけで普通に生活できる収入にはなるものの「カラダひとつ」の仕事一本に絞るのは怖いので、前回聞いたように、バイトをしたり、ピラティス・ヨガ協会の事務局の仕事を手伝ったりと、収入を分散してリスクヘッジはしているのだそう。

それにしてもオフの日が1日もなく、とても忙しそうです。大丈夫なんでしょうか?

「OLと二足のわらじを履いていた時期も忙しくしていましたが、今もありがたいことに忙しくさせてもらっています。最近では、養成コースサブ講師としての仕事をいただける機会も増えました。そういう時は他の講師にレッスンを代行してもらって出かけます」

「それ以外で代行をお願いするのは、セミナー参加する時くらい。旅行で休むことはないですね。やっとつかんだ仕事だから、とにかく仕事に打ち込みたい」

他の講師の間では、代行を頼んで旅行をするのは普通にあることなのだそう。それでも柴森さんには、「やっとつかんだ仕事」という感覚があるから、プライベートの予定で代行を頼むことはないとのこと。


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ