ストレス? 疲労? 消化器内視鏡専門医に聞く。「異常なし」なのに胃が重だるい理由/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. ストレス? 疲労? 消化器内視鏡専門医に聞く。「異常なし」なのに胃が重だるい理由

ストレス? 疲労? 消化器内視鏡専門医に聞く。「異常なし」なのに胃が重だるい理由

2017年05月14日 20時45分配信  ウートピ

「食べ過ぎてもいないのに胃が重だるい」、「みぞおちがぎゅっと押されたように痛む」など、胃が苦しいことがあります。「ストレスが原因では?」とよく指摘されますが、本当なのでしょうか。

消化器内視鏡専門医、臨床内科専門医で吉田クリニック(大阪府八尾市)の吉田裕彦院長は、「胃は、『検査をしても異常なしと言われたのに、ずっと不調が続いている』といった症状を訴える人はとても多いんです」と話します。いったいなぜこんなにうっとうしい症状が出るのか、自分でケアする方法はあるのかなど、詳しいお話を聞いてみました。

かつては「神経性胃炎」と呼んでいた症状

吉田医師はまず、胃の不快感が続く症状の病名についてこう説明をします。

「胃のもたれや痛みが慢性的に続くけれど、内視鏡検査などを受けても胃潰瘍(かいよう)や胃がんなどの異常が見られないとき、『機能性ディスペプシア(FD: Functional Dyspepsia)』という病気の場合があります。ディスペプシアとは消化不良の意味ですが、病名としては胃の不調全般を言い、『機能性胃腸症』とも呼びます。

かつては、『神経性胃炎』や『慢性胃炎』、『胃アトニー』、『胃けいれん』などと呼ばれていました。ですが、胃の粘膜に異常がないのに胃炎とするのは矛盾があるということで、近年、機能性ディスペプシアと呼ばれるようになりました」


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ