「正直やりたくない」が本音 でも、PTA役員経験者だけが知るメリットがある?【パパママの本音調査】 Vol.82/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 「正直やりたくない」が本音 でも、PTA役員経験者だけが知るメリットがある?【パパママの本音調査】

「正直やりたくない」が本音 でも、PTA役員経験者だけが知るメリットがある?【パパママの本音調査】 Vol.82

2017年04月17日 08時00分配信  ウーマンエキサイト

「正直やりたくない」が本音 でも、PTA役員経験者だけが知るメリットがある?【パパママの本音調査】  Vol.82の画像:キレイスタイルニュース
小学校に入ると親が関わらなければならないのがPTA活動。PTAとは Parent-Teacher Associationの略で、各学校で組織された家庭と学校とが協力して教育効果をあげようとする団体のことです。正直役員にはなりたくない、役員決めのときが憂鬱という親も多いようですが、実際はどうなのでしょうか?

Q.PTA役員はどうやって決めてる?
1.立候補  46.5%
2.推薦  19.7%
3.抽選  19.5%
4.その他・わからない   14.3%



立候補が46.5%の約半数という結果になりました。数字だけみるとスムーズに決まっているかのようですが、実情はなかなか難しいよう。そんななか、実際にPTA役員をやった人の意見も聞くことができました。


■基本は立候補。決まらなければ抽選

基本的にはやりたいという意思のある人にやってもらうのがベスト。でも、決まらなければ抽選という決め方が多いようです。最近では少子化からか、子ども1人につき1〜2回はやる決まりになっている学校もあります。


「結局、毎年同じような顔ぶれです。何らかのお仕事をされていると思うのに、嫌な顔をせずありがたいです。そんな人を『好きなんだね』などと陰口を言う人は頭にきます」(神奈川県 50代女性)

Copyright (c) 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.


アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ