生理前は日焼けしやすい!? 「紫外線とUVケア」今さら聞けない基本のキ/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 美容・コスメ
  5. 生理前は日焼けしやすい!?

生理前は日焼けしやすい!? 「紫外線とUVケア」今さら聞けない基本のキ

2017年03月20日 11時00分配信  美レンジャー

シミやシワが出てくると、肌の老化を実感せずにはいられませんよね。実は、肌老化の原因の80%は“紫外線による光老化”といわれています。

そんな光老化を食い止めるためにも、これからの季節は紫外線対策に力を入れていきたいところ。

そこで今回は、スキンケアアドバイザーの資格を持つ筆者が、そもそも“紫外線”とは? という基本知識から、日焼け止めに表示されている“SPF・PA”について解説。UVケアのポイントについてもご紹介します。

 
■ケアの前に!知っておきたい紫外線知識
「紫外線対策は夏だけ」という人は要注意! 4〜5月や9〜10月の紫外線は強く、その紫外線量は曇っている日でも晴れている日の50〜60%ほどあるといわれています。

紫外線は、“UV-A”、“UV-B”、“UV-C“と、波長によって3つに分類されますが、地上に届くのは以下の2つです。

(1)UV-A

“長波長紫外線”とも呼ばれ、地表に届く紫外線の約95%がこのUV-A。肌の弾力に関わる真皮内のコラーゲンや、エラスチン、ヒアルロン酸などをつくり出す繊維芽細胞ににダメージを与えます。そのため、肌のハリが失われ、シワやたるみの原因に。

(2)UV-B

美レンジャー 2017


このニュースに関連するイケメン・タレント: 長谷川潤 長谷川潤 その他のイケメン・タレント一覧

アクセスランキング

美容・コスメの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
  • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ