今まで「告白」された人数。男性は平均1.8人、では女性は……?/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. 今まで「告白」された人数。男性は平均1.8人、では女性は……?

今まで「告白」された人数。男性は平均1.8人、では女性は……?

2010年09月10日 17時00分配信  マイナビニュース

今まで「告白」された人数。男性は平均1.8人、では女性は……?の画像:キレイスタイルニュース

恋愛において、避けて通れないのが「告白」の壁。勇気を振り絞って、相手に自分の気持ちを伝えたことがある、という方も多いと思います。では、逆に「告白された」経験は皆さんどのくらいお持ちなのでしょうか。アンケートを行いました。

調査期間:2010/8/3〜2010/8/10
アンケート対象:COBS ONLINE会員
有効回答数 532件(ウェブログイン式)



まず、男女では告白された人数にどのくらいの差があるものなのでしょうか。



男性平均=1.8人

女性平均=4.5人



筆者は昔、よく告白されるという女性に「なぜそんなに告白されるのか」と聞いたことがあります。するとその女性は「基本的に女の子はモテるものなのである」と言う。「ははあ。だが、一概にそんなことは言えぬのではないか」と、食い下がったのですが、彼女の回答は要領を得ず、モヤモヤとした思いだけを抱えるに至ったことを記憶しています。皆さんは上記の男女の数字の開きについてどのように思われますか?



続いて、「告白された人数」が少ない順に、当時の印象的なエピソードについてお聞きしました。



■0人(111票)

「ないんだからそんなこと聞くな!」(24歳/男性)



失礼しました、次の方からお願いいたします。



■1人(73票)

「はっきりと『好きです』と言われて戸惑ってしまい、どう答えていいか分からず『ありがとうございます』とお礼を言ってしまった」(24歳/女性)



その後、「しかし、残念ながらわたくしには好きな人がおり、そのため……」と、妙にかしこまったやり取りが続いていくとしたら、それはそれで変ですね。



■2人(103票)

「小学生のころ、夏の林間学校の肝試しでペアになった子にラブレターをもらいました。どうすればいいのか分からず、なんとなく遠ざけてしまいました……」(29歳/男性)



付き合うということがなんだか分からない子ども時代(今もよく分かりませんが)には特にありがちですよね。たとえ成就しても、なんだかいろいろと不安になってしまう私は年を取りすぎたのでしょうか。



■3人(71票)

「電話してきた相手がいつまでたっても用件を言わないのでイライラしてきて、『なんの用なんだよ!』って怒ってしまったら、『好きだって言いたかったの……』。イライラが抑えられず、『付き合えねーよ!』と言ってしまった。悪いことしたな、と今でも思います……」(27歳/男性)



人は反省を糧に生きていく生き物だって、誰かえらい人が言っていたような気がします。次からはもっと優しくできるようになっているはず、ですよね。



■4人(41票)

「桜が満開の木のもとで、『君が好きでこの高校に入ったんだ』と言われた。マンガみたいだなぁと思って感動した」(22歳/女性)



ドラマチックですばらしいですね。ただ、大人になると感動できることがどんどん少なくなっていきませんか、悲しいですよね(遠い目)。



■5人以上(88票)

「海に向かっていきなり『めっちゃ好きやねん』と叫ばれた。好きではなかったし、突然だったので引いてしまったが、小さな声で『う、海がやで……』と言っていたのを聞いて、なんだかかわいいと思った」(25歳/女性)



もう、付き合ってあげてもいいんじゃないでしょうか。だめでしょうか。



続いて、「10人以上」と答えた方々のエピソードもご紹介します。



■10人以上(29票)

「『僕の子どもに君のDNAが欲しい』と言われてドン引きした」(27歳/女性)



まあ、物ごとには順番ってものがありますもんね。お相手はきっとせっかちな方だったのでしょう(ということにしましょう)。



■15人以上(16票)

「大学の部活の後輩。『今度の試合に勝ったらチューしてくれますか?』と言われた」(30歳/女性)



その後輩、負けてもチューしてもらいたいと思っていますよ、きっと。筆者はそんな浅ましい告白は認めたくないです。



甘酸っぱいものから、後悔を伴うものまで、皆さんそれぞれに告白のエピソードをお持ちのようです。ちなみに、「告白された人数」をランキング形式にまとめると次のようになりました。



1位:0人(111票)

2位:2人(103票)

3位:5人以上(88票)

4位:1人(73票)

5位:3人(71票)

6位:10人以上(29票)

7位:15人以上(16票)



さらに、告白されたことがあるという方々に「相手のことは好きではなかったが付き合ったことがある?」と質問してみたところ、111人の方々が「ある」と回答。その理由を聞いてみると?



「当時二股をかけられていて、私だけと付き合ってくれる人が神のように思えた」(女性/25歳)

「自分に自信がなかったので、付き合えば何か変わるだろうと思った」(女性/25歳)

「付き合っているうちにだんだんと好きになっていくことがあるのか試してみたかった」(男性/27歳)



そのとき相手に気がなかったとしても、体当たりでぶつかれば、ひょっとするとひょっとするかもしれないのが、告白の妙味でしょうか。しかし、これはあくまでも「自分から告白をする」という場合において言えることであり、どうすれば「告白されるようになるのか」という答えを導き出すものではありません。どうすれば告白されるようになるのか、そのことを考えると筆者は、このまま延々と何かを語り続け、とても遠いところに行ってしまいそうなので、このあたりで失礼したいと思っております。それでは皆さまさようなら。また会う日まで、ラブ。



(根岸達朗/プレスラボ)



    Copyright(C)2003-2010 Mainichi Communications Inc. All rights reserved.


    アクセスランキング

    トレンド・新製品の最新ニュース

      【免責事項】
    • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでエキサイトの見解を表すものではありません。
    • エキサイトは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
    • エキサイトは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

    ピックアップ
    読者エディター
    美の賢人ブログはこちら
    ピックアップ