1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. 美力ナビ
  4. 女子力UPグルメ&レシピ
  5. 女子力UPグルメ&レシピの記事

ひんやりスイーツで涼を呼ぶ!
夏のおもてなし術

四季折々のおもてなしを提案する
「おもてなし料理の会」主宰の石原明子さん。
今回は、ちょっとした工夫やプレゼンテーションで、
味にも見た目にも涼を感じる
夏のティータイムにぴったりのおもてなしを教えていただきます。

ガラスや器を組み合わせて、センターピースを飾る

テーブルコーディネートやおもてなしのコツは、値段が高いものをそろえることではなく、気軽に手に入るものをうまく活用することです。基本的には自宅にあるものを使い、どうしても必要なものだけ買うことを原則にすれば、無理なく楽しいおもてなしができます。毎回、新しいものを買い足していたら経済的ではないですし、おもてなし自体が億劫になってしまいます。

今回は、さまざまな形のガラスの器、100円ショップで見つけたガラス玉、麻のふきんなどを使ってコーディネートしてみました。これだけでも十分に、見せ方次第ですてきなセンターピースになりますよ!

上/黒のプレートに、ショットグラスに入れたハーブ、ガラスのシュガーポットに挿した紫陽花をあしらったセンターピース。下に敷いているのは、蚊帳生地を使った「中川政七商店」の花ふきん! 通常、台ふきんなどに使用されるものですが、今回はクロスとして活用。麻のようなパリッとした生地感をいかすため、糊のきいたままくしゃくしゃとさせ、ボリューム感を出すのがポイントです。ハーブは、お好みのものを数種類合わせると、より清々しい雰囲気に!

下/「中川政七商店」の花ふきんは、紫陽花と同系色をチョイス。前ページのナプキンもこちらの花ふきんを活用しています。リーズナブルなので、ナプキンとして使っていただいた後、そのままお土産にしても!
こちらが一枚目の写真のセンターピースに使用したアイテムたち。黒のプレートに小石のようにちりばめられたシルバー粒は、製菓材料のアルザンを活用。製菓材料も 工夫次第でテーブルコーディネートに一役!ご自宅にあるガラスの器やプレートを組み合わせてチャレンジしてみてください。

グラスや器を使った飾りをもう一つ紹介。グラスにはハーブの変わりにチョコレートなどを盛り付けてもOK!プチグラスに入れたチョコレートと共に、100円ショップ「セリア」で見つけたガラス玉の飾りを。細長いプチグラスにガラス玉を入れて、水を注ぎ、ハーブを飾り付けます。

私が提案するテーブルコーディネートのポイントは、「簡単」であること。時間やお金をかければ、すごく立派なものができるかもしれませんが、お客さまをおもてなしするには、ホストも楽しまないと!が私のモットーなので、手軽にできることをいつも意識しています。ご自宅にあるものを上手に活用して、涼しげな夏のティータイムを満喫してくださいね!

石原明子

短大卒業後、トヨタ自動車株式会社のイメージレディ"トヨタプリティ"として、レースクイーン、CM出演、MC、ナレーター、モデル等を務める。その後、フランス料理・日...

石原明子の記事

あわせて読みたい