1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. 美力ナビ
  4. 女子力UPグルメ&レシピ
  5. 女子力UPグルメ&レシピの記事

ひんやりスイーツで涼を呼ぶ!
夏のおもてなし術

四季折々のおもてなしを提案する
「おもてなし料理の会」主宰の石原明子さん。
今回は、ちょっとした工夫やプレゼンテーションで、
味にも見た目にも涼を感じる
夏のティータイムにぴったりのおもてなしを教えていただきます。

ビタミンカラーでリフレッシュ!「オレンジのグラスゼリー」

続いては、「オレンジのグラススイーツ」をご紹介。オレンジのさわやかな酸味は夏にぴったり、ビタミンカラーで元気になりますよね。おしゃれにみせるポイントは、細長いショットグラスを使うこと。 オレンジゼリーを作って、後は市販のものをトッピングして仕上げるのでとっても簡単です。すべてを手作りにせず、市販のものを上手に使うのも、もてなし疲れしないコツですね。

まずは、オレンジを搾って、フレッシュの果汁を作ります。そこに、ゼラチンを加えてグラスに入れて、冷蔵庫で冷やし固めておきます。お客さまがいらっしゃったら、お出しする前に、好みのチョコレートやコンフィチュール、ハーブをトッピングして。ベースは同じですが、上にトッピングするものでいろいろな表情に変化するので、それも楽しみの一つです。

シンプルなショットグラスは、アイスクリームやシャーベットはもちろん、野菜スティックや冷製スープを入れたり、カトラリーやナプキンを入れたり…。スイーツ以外のおもてなしにも大活躍するのでおすすめです。

「イスランド」のショットグラスは、ウエブサイトで購入。人がたくさん集まるパーティーの時は、いろいろなバリエーションをもたせると選ぶ楽しみが広がります。グラスの中だけでなく、上にのせたりするなど、自由な発想で飾りつけて。
左/オレンジ風味のミルクチョコレート「リンツ・チョコレート」のオレンジ・エキストラシンを二枚ずらして重ねて金箔をオン。
中/ブラックベリーのコンフィチュールをトッピング。
右/「OGGI」のオレンジピールをグラスにのせてハーブを飾って。
ガラスプレートの上にのせて焼菓子やドライフルーツを添えると、立派なスイーツプレートに。焼菓子は袋のままでなく、カットしてガラスに盛るだけで清涼感がアップします。手土産でいただいた場合も、ひと手間かけてお出しすると喜ばれますよ。
石原明子

短大卒業後、トヨタ自動車株式会社のイメージレディ"トヨタプリティ"として、レースクイーン、CM出演、MC、ナレーター、モデル等を務める。その後、フランス料理・日...

石原明子の記事

あわせて読みたい


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
ピックアップ