1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. 美力ナビ
  4. アラフォービューティー
  5. アラフォービューティーの記事

夏の化粧崩れ対策!
朝の簡単ケアとメイクテクニック

暑い季節は、汗やエアコンによる乾燥で、朝ばっちり決めたメイクがドロドロ…そんな経験は誰にでもあるはず。そこで今回は、化粧品のPRを担当し、豊富な美容知識を持つちったんさんが、1日中キレイが持続する朝の簡単ケアと、メイクテクニックを伝授。さらに、暑い夏を乗り切るための話題の“クール美容”についてもご紹介します。

ベースメイクは重ね過ぎず薄く!BB クリームが大活躍!

ベースメイクを厚く塗っていると化粧崩れしやすくなるので、夏のメイクは「薄く」が原則。私は、厚ぼったくなりがちなリッキドファンデーションや、パウダリーファンデーションよりも、軽く仕上がる万能なBBクリームを使っています。気になるシミやシワをカバーしつつも、夏らしい軽い印象にするには、ベースメイク時にいくつかコツがあるので、順番に説明していきます。

また、汗の影響や、スキンケア直後だと、メイクがしずらいこともあるので、適度にティッシュで押さえると、ベースメイクがしやすく、もちも良くなります。

女性の顔でキレイな印象を作るのは、三角ゾーン。しかし、ここは特に化粧が崩れやすい場所でもあります。だから、この三角ゾーンを中心に、丁寧にベースメイクを仕上げるのが、化粧崩れ対策のコツです。
下地にはコントロールカラー(CCクリーム)使います。塗る順番は、崩れやすい頬や額から。そこを起点に、内側から外側へ顔全体に薄く広げます。厚塗りを避けながらも、肌色はワントーン明るくすることで、夏らしい爽やかなメイクに仕上がります。
気になるシミやシワ、クマなどには、肌なじみが良くカバー力の高いコンシーラーを使用。目元、口角、小鼻の横にのせ、薬指や人差し指を使って優しくたたきこむように。厚塗りにならないように注意!

一番大事なBBクリームは、時間をかけて丁寧に塗っていきます。BBクリームを選ぶコツは、伸びのよいテクスチャーで、かつ肌の色にあったものを選ぶこと。肌の状態を知るためにも基本は手で塗るようにしますが、急いでいるときは、スポンジでたたくように伸ばすと時短になります。
仕上げに、皮脂コントロールをしてくれるミネラル入りのルースパウダーを。粉がついたパフをすぐに肌にのせるのではなく、必ずつき過ぎた粉をティッシュに落としてから、極少量を三角ゾーン中心に薄くのせます。
愛用アイテムの一部を紹介します。

(左奥)アスタリフト「ライトアナライジング メラノレタッチ コンシーラー」(3g/3570円・税込み)は、カバー力がありながら、ナチュラルな仕上がりで、長時間よれない優れもの。

(右奥)インプレス「ルースパウダーa」(レフィル30g/7350円・税込み)(ケース3150円・税込み) (パフ ルースパウダーa用735円・税込み)は、軽く透明感があってベールを被せたようなキメの整った肌に仕上がり、下地崩れをも防げます。

(左)トビョル「ステムケアBB」(30ml/2940円・税込み)は、のびの良いテクスチャが気に入っていて、夏の薄づきメイクに重宝します。カラーは色白な方向け。

(右)BBクリームからもう1点。パーソナルカラーアナリストの工藤亜記さんプロデュースの「CASA BLANCA」。こちらは、日本人の肌色を研究した発色のキレイなオールインファンデーション。発売前に商品のテスターとして使わせてもらっています。(※年内発売予定)

あわせて読みたい


ピックアップ
読者エディター
美の賢人ブログはこちら
民泊の実態を学べるセミナー
ピックアップ