1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. エレガンスの極意
  4. 少しの工夫でオシャレ度UP パンが彩る暮らしのレシピ
  5. 辻本まなみの記事4
辻本まなみ
辻本まなみ
パンとフォトスタイリングを中心にしたサロン『Studio T & I』主催
詳細を見る

Lesson4秋の夜長に楽しむ ワインに合う絶品ブレッド&バーニャカウダ

一日の終わりのつかの間のリラックスタイムは、忙しい毎日を過ごすアラフォー女性にとって最高の贅沢。ワインによく合う絶品ブレッドと、バーニャカウダで明日への英気を養いましょう。

イタリア食材をベースに ワインに合う簡単ブレッド

 社会人、母、妻…一人で何役もの役割をこなしながら生きるアラフォー女性の一日は大忙し。時には一日の終わりに、リラックスタイムを設けることをオススメします。ワイングラスを傾けながら、のんびり過ごすと不思議と明日も頑張ろうという気持ちになれるものです。
 今回ご紹介するポテトのパンは、材料を混ぜて焼くだけの簡単レシピ。リラックスタイムのおともに最適です。

■ポテトのパン
[材料]水…155g,イースト…3g、砂糖…4g、塩…4g、じゃがいも…140g、玉ねぎ…50g、ベーコン…50g、国産小麦粉…200g、ディルやフェンネルなどのハーブ…適量、ブラックペッパー…少々、★サラダオイル、岩塩…適量

[作り方]
1.じゃがいもは皮をむき、ラップをしてレンジで2~3分ほど加熱して柔らかくしておく。
2.じゃがいも、たまねぎ、ベーコンを大きめのさいの目に切る。
3.ボールを用意し、★以外の材料を順番にざっくりと混ぜていき、30~40℃くらいの
  ところで40分程発酵させる。
4.オーブンの天板に3を流し込む。
5.あまり薄く平たくならないよう、四角や丸に形を整える。
6.35~38℃くらいで30分程発酵させる。
7.ハケで生地の表面にサラダオイルを塗って、岩塩をふりかける。
8.オーブンを230~250℃で余熱し、200~230℃で15~18分で焼きあげる。
9.粗熱がとれたらキッチンばさみでカットして完成。

ゴロゴロとした食材の食感とハーブの香りが楽しめるポテトのパン。

バゲットとの相性も最高 お野菜たっぷりバーニャカウダ

 お酒に合うヘルシーメニューとして定着したバーニャカウダ。濃厚なソースは一見難しそうですが、アンチョビさえあれば、あとはおうちにあるもので簡単に作れてしまいます。蒸し野菜はもちろん、バゲットとの相性も最高ですので、ぜひ試してみてくださいね。

■バーニャカウダソース
[材料]アンチョビ…6枚くらい、オリーブオイル…大さじ6、レモン汁…大さじ3、にんにく…ひとかけ(お好みで加減)、塩こしょう…少々

[作り方]材料の全てをフードプロセッサーにかけて完成。

アンチョビがあれば、あとはご家庭に常備している食材でできる簡単レシピ。
お好みのきのこを加えて、きのこソースにしても絶品です。

辻本まなみの新着ニュース

少しの工夫でオシャレ度UP パンが彩る暮らしのレシピの記事一覧

他のエディターの新着記事

ab

読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.