1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. エレガンスの極意
  4. 極楽ティータイム
  5. 杉浦薫の記事5
杉浦薫
杉浦薫
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
詳細を見る

Lesson5突然の来客でもOK! 即席シノワティーセット

Lesson4の「優雅なフレンチティーセットでごほうびタイム」に続く今回は、
急な訪問客にも喜ばれる、簡単中国茶セットをご紹介。
杉浦さんイチ押しのお茶請け「うずらたまご」は、ヤミツキ必至!

家にある野菜やフルーツ、常備食を上手に使って・・・

 突然のお客さまの訪問に、「なにをお出ししようかしら・・・」と迷ったことはありませんか? そんな時に限ってお菓子をきらしていたり。紅茶やコーヒー、日本茶が定番ですが、中国茶でのおもてなしも喜ばれますよ。 Lesson3の「お月見ティーパーティー」の回でもご紹介しましたが、中国茶のお茶うけによく使われる、ドライフルーツやナッツのほか、家に常備しているもので、すてきなおもてなしセットができあがり! 今回は、本場中国でも楽しまれている、ベストマッチな二つのセットをご紹介します。

―Tea Set 1-
●「岩茶」+「うずら卵のしょう油漬」「プチトマト」
中国のお茶屋さんでは、「茶葉蛋(チャーイェダン)」という、ゆで卵を殻ごと、茶葉やしょう油、八角などで煮たものを出されることがあります。日本では自分で作らなければなりませんが、この「茶葉蛋」に似た味わいの「味付けうずらたまご」を成城石井で発見! これに定番の「プチトマト」、味わいが芳醇で深い「岩茶」(ウーロン茶)とセットで。

小皿にのせた千年屋の「味付けゆでたまご」と生の「プチトマト」「岩茶」をアジアテイストのトレーにのせて。「岩茶」は発酵度が高いウーロン茶なので濃い味の食べ物と相性良し。「味付けうずら卵」の後に「岩茶」をごくり・・・。そのベストマッチに感動せずにはいられません! トマトは、口直し役にも。生の「プチトマト」のほかにも、生の「きんかん」「茶梅」「ナツメ」などもお茶請けの定番。
check!
千年屋の「味付けゆでたまご」は一度食べたらファンに!国産うずら卵を鰹と黒糖の旨みが効いたしょう油ダレでじっくり煮込んだ逸品。個装されているので保存が効いて便利。

美しく、贅沢な「工芸茶」は、大切な人へのもてなしにも

-Tea Set 2-
●「工芸茶」+ 「ごま団子」
お湯をそそぐと色鮮やかな花が顔をのぞかせる「工芸茶」は、茶葉(一般的には緑茶)で、丸、ハート、マッシュルーム型などの形に作ったもの。中には、千日紅、ユリ、ジャスミンなどの花が入っているものも多数あって、香りがいいのも特徴。冷凍の「ごま団子」をゆでるだけであっという間に完成。緑茶の心地よい渋みが、しっかりとしたごま餡と良く合います。

「工芸茶」は、お湯を注ぐとゆっくり開くので、ボダムのガラスのカップに入れて鑑賞しながらいただきます。お茶をすべて飲みきらずに、少し残しておいて、再度お湯を注いでいただくと3~5杯ほど美味しくいただけます。冷凍の「ごま団子」は、ゆでて蓋碗に入れてサーブ。「ごま団子」は(=「湯圓」中国では一般的に旧正月後、初めての満月の夜に食べるお菓子)は、いろんなサイトで販売しているのでお好みを。
check!
茶葉を一葉一葉、ひもで縛って作られる「工芸茶」は、緑茶にジャスミンの香りをうつして作り上げた、手間ひまをかけたお茶。目で楽しみ、香りで楽しみ、味を楽しんで。

★Lesson6は、
「まぜるだけで簡単!英国の絶品ティースイーツ」。
発祥のヒミツは、なんと、ウィリアム王子の母校ってホント!?

杉浦薫の新着ニュース

極楽ティータイムの記事一覧

他のエディターの新着記事

読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.