1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. エレガンスの極意
  4. 極楽ティータイム
  5. 杉浦薫の記事2
杉浦薫
杉浦薫
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
詳細を見る

Lesson2美肌アイスティーで、真夏の涼やかランチ

さわやかなハーブティーとサンドイッチの組み合わせ。
食欲がなくなるこの季節だからこそ、、
涼を感じるハーブレシピで、キレイにリフレッシュ!

ビタミンCたっぷりのハーブティー×ハーブサンドでクールダウン!

 うだるように暑い日は、やはり、「アイスティー」がオススメです。私の教室でも、「おいしいアイスティーのいれ方」のレッスンが、毎年好評で、クリームダウンしないおいしい「アイスティー」の作り方をご紹介しています。きちんといれられた「アイスティー」は、香りがあり、紅茶の旨みがギュッと詰まった、キレのあるおいしさが楽しめるのですが、クリームダウンしてしまうと、そのおいしさは半減・・・。ちなみに、クリームダウンとは、紅茶に含まれるタンニンとカフェインが冷やされることによって結合し、白く濁って見える現象のこと。

 一方、ハーブティーは紅茶と異なり、クリームダウンしませんので、比較的手軽に楽しむことができます。今回は、夏を意識して、「ハイビスカスティー」と「ローズヒップティー」のブレンドをチョイス。「ローズヒップ」は、ビタミンCがたっぷり、「ハイビスカスティー」は、体の疲れに効果的なクエン酸を含むので紫外線を浴びてしまった人や夏バテ気味の人にもおすすめです。甘酸っぱい味や、ヴィヴィッドなルビーカラーも夏にぴったりですね。

 そして、「ハーブアイスティー」には、私の定番の「ハーブ入りキューカンバーサンド」を。室温に戻したバターに刻んだミントなどのハーブを練り込み、それをパンに塗ってキュウリをはさむだけのシンプルなサンドイッチ。ハーブのさわやかな風味が口の中に広がります。 ガラスの器に盛り付け、グリーンを飾ると、見た目にも涼しげな雰囲気に。食欲が低下する真夏でもさわやかにいただけるハーブのコンビ、ぜひ、休日の朝食やランチにトライしてみてくださいね。

「ローズヒップティー」と「ハイビスカスティー」などのハーブティーをポットに入れ、熱湯をそそぎ3~5分ほど蒸らし、氷をたっぷり入れたグラスに注いでいっきに冷やすときれいな色に仕上がります。「ミント入りキューカンバーサンド」にはカイワレ大根をのせて。実はこれ、乾燥防止に効果的。お好みでレタスの千切りやスプラウト系をのせてくださいね。キュウリは、体を冷やす作用があると言われるので夏にぴったり。キュウリのほか、ハムや、タマゴサンドにバジルやディル、シソを刻んで和えても美味。

★Lesson3は、
「中秋の銘菓『月餅』でお月見ティーパーティー」。
本場中国の楽しみ方、エピソードにも注目!

杉浦薫の新着ニュース

極楽ティータイムの記事一覧

他のエディターの新着記事

読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.